Ashnod, the Uncaring

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

非公式/非実在カード

Ashnod, the Uncaring (3)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー ― 人間(Human) 工匠(Artificer)

クリーチャー1体を生け贄に捧げる:(◇)(◇)を加える。
(T):アーティファクトでないクリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。そのクリーチャーはそれの他のタイプに加えてアーティファクトになる。

3/4


統率者レジェンズの開発中に没になった伝説のクリーチャーカードのうちの1枚。その名を冠するアシュノッドの供犠台/Ashnod's Altarアシュノッドの人体改造器/Ashnod's Transmograntを内蔵した伝説の人間工匠

クリーチャー・タイプを問わない、クリーチャーをマナに変換するサクり台クリーチャーは意外にもこれまで熱足ナメクジ/Thermopodしかおらず、実在していたら統率者戦統率者に指定できることを利用したアリストクラッツ戦略や専用のコンボデッキが考えられただろう。

人体改造器能力も、使い捨てでなくなったことによって元カードと同じく戦闘に圧力をかけていくのはもちろん、お得意のアーティファクト除去と組み合わせてアドバンテージを取りやすくなった。こちらを主眼に置くなら、ヴィーアシーノの異端者/Viashino Heretic悪ふざけ/Shenanigansなどの繰り返し使えるアーティファクト除去カードを多めに積みたい。

未評価カードです
このカード「Ashnod, the Uncaring」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ストーリー

詳細はアシュノッド/Ashnodを参照。

[編集] 参考

MOBILE