Canadian Threshold

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Canadian Threshold(カナディアン・スレッショルド、カナスレ)はレガシーにおける青緑スレッショルドのバリエーションのひとつ。青緑タッチの構成で組まれる。

[編集] 概要


Tarmogoyf / タルモゴイフ (1)(緑)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

タルモゴイフのパワーは、すべての墓地にあるカードのカード・タイプの数に等しく、タフネスはその点数に1を加えた点数に等しい。

*/1+*


Daze / 目くらまし (1)(青)
インスタント

あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたがコントロールする島(Island)を1つ、オーナーの手札に戻すことを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それをそれのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、打ち消す。



Lightning Bolt / 稲妻 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻はそれに3点のダメージを与える。


タルモゴイフ/Tarmogoyfなどのクロックカウンター呪文でバックアップするクロック・パーミッションとしての基本構造は変わらない。このデッキタイプでは、火力を採用し、ビートダウンをサポートする構成をとる。火力には稲妻/Lightning Bolt火+氷/Fire+Iceなどの定番カードが採用される。

タッチ赤はの性質上、速度が上昇する点が重要であり、近年ではスピードを重視したデッキ構築が主流である。もみ消し/Stifle不毛の大地/Wastelandをフル投入し、土地破壊を重視することで、火+氷の氷の活躍の場を広げ、テンポ・アドバンテージを得た隙に素早く殴り勝つタイプが多い。

構成はTeam Americaとよく似ているが、色拘束が緩いことやカウンターを多く採用できる点ではこちらに分がある。その反面、クリーチャーサイズカードパワーではTeam Americaに分があり、線が細くなりがちで「勝ち切れない」状況に陥りやすいという弱点も抱えている。

そのため近年は打点を上げるため新しいアタッカーを追加する場合が多く、Pro Bant同様自然の秩序/Natural Order大祖始/Progenitusコンボを搭載したものも登場した(→NO RUG)。


Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 (青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。

1/1
Insectile Aberration / 昆虫の逸脱者
〔青〕 クリーチャー — 人間(Human) 昆虫(Insect)

飛行

3/2

イニストラード参入後は、デッキに無理なく組み込める秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsを採用したものが基本となる。これにより、従来通りのCanadian Thresholdだけでなく、RUG Delverの名で呼ばれることも多くなった。以降についての詳細は緑青赤デルバーを参照。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (8)
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
呪文 (34)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 目くらまし/Daze
4 火+氷/Fire+Ice
4 意志の力/Force of Will
4 稲妻/Lightning Bolt
4 思案/Ponder
1 急流/Rushing River
4 呪文嵌め/Spell Snare
4 もみ消し/Stifle
1 拭い捨て/Wipe Away
土地 (18)
3 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
3 汚染された三角州/Polluted Delta
4 Tropical Island
4 Volcanic Island
4 不毛の大地/Wasteland
サイドボード
4 撹乱/Disrupt
1 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
1 クローサの掌握/Krosan Grip
2 紅蓮破/Pyroblast
1 紅蓮地獄/Pyroclasm
2 赤霊破/Red Elemental Blast
4 水没/Submerge

[編集] 参考

MOBILE