Infernal Denizen

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Infernal Denizen (7)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

あなたのアップキープの開始時に、沼(Swamp)を2つ生け贄に捧げる。そうできない場合、Infernal Denizenをタップし、いずれかの対戦相手1人は、そのプレイヤーが選んだあなたがコントロールするクリーチャー1体を、Infernal Denizenが戦場に出ているかぎりコントロールする。
(T):クリーチャー1体を対象とする。Infernal Denizenが戦場に出続けているかぎり、そのクリーチャーのコントロールを得る。

5/7

タップ能力クリーチャー1体のコントロールを奪える大型クリーチャー。だが、を2つ生け贄に捧げるというかなりきついアップキープ・コストを要求し、それができなければ、自身のタップとともに対戦相手に好きなクリーチャーを奪われてしまう。

P/Tの大きさに加え、タップだけで対戦相手のクリーチャーを奪えるという能力自体は悪くないが、毎ターン沼2枚を持っていかれるのは少々痛い。クリーチャーを奪い続ければいつかは一方的に殴り勝てるはずなので弱いわけではないが、能力的に即勝負がつくようなカードではないので、8マナも使って出すクリーチャーとしては悠長すぎる。

  • もし沼がなくなっても、アップキープ・コスト未払いによってこれがタップする前に能力を起動し、相手クリーチャーを新たに奪うことはできる。この場合、その「未払い」によって対戦相手にまた奪い返されてしまうが、とりあえず現状維持にはなる。
    • これが作られた当時のルールでは、未払い時には相手クリーチャーを奪うことはできなかった(起動型能力は、アップキープ・コストを払った後でないと使用できなかった)。そのため、現在はまだ使いやすくなったといえる。
  • アップキープ・コスト未払い時の「対戦相手がこちらのクリーチャーを奪う」のは非強制である。そのため、こちらにこれしかクリーチャーがいなくても、対戦相手はこれを奪う必要はない。
  • クリーチャーを生け贄に捧げる手段を別に持っているのならば、奪ってすぐに生け贄にすることで恒久的な除去手段になる。これならば、アップキープ・コストを払えなくても有効に使えるだろう。これ自身が戦場を離れると奪ったクリーチャーも返却しなければならないことを含めて、考慮しておくべき項目である。
  • その能力ゆえにアンタップ関連効果や速攻と相性が良い。自身のサイズが5/7と大きい事から警戒とも相性が良いだろう。

[編集] 参考

MOBILE