Jeweled Amulet

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jeweled Amulet (0)
アーティファクト

(1),(T):Jeweled Amuletの上に蓄積(charge)カウンターを1個置く。この起動コストとして支払ったマナのタイプを記録しておく。この能力は、Jeweled Amuletの上に蓄積カウンターが置かれていないときにのみ起動できる。
(T),Jeweled Amuletから蓄積カウンターを1個取り除く:最後に記録されたタイプのマナ1点を加える。


マナを蓄積できるアーティファクト。あくまで蓄積なので、無からマナを出せるわけではないが、一応一種のマナ加速用に使える。初手に出して即マナを貯めることで、デッキを選ばずに2ターン目に3マナを使うようなことが1つの例。

能力には蓄積・放出どちらにもタップが必要でかつ蓄積カウンターを管理のために用いるため、一度には1マナしか蓄えられないようになっている。この手の「マナを貯める」アーティファクトにしては珍しく、蓄積したマナのタイプを覚えているのも特徴と言ってよいだろう。

  • 2番目の能力の起動コストは最初「すべての蓄積カウンターを取り除く」であり、これではカウンターがない状態でもプレイすることができるため、「この能力は、Jeweled Amuletの上に蓄積カウンターがあるときにのみプレイできる。」のプレイ制限が設けられていた。2008年7月のオラクル更新で、起動コストが「蓄積カウンターを1つ取り除く」に変更された。
  • もし魔力の導管/Power Conduitなどによって蓄積カウンターが置かれた場合も、そのカウンターを使ってこれが出すマナは「最後に記録されたタイプのマナ」である。例えば一度「赤マナ」をためたことのあるこれの上に、魔力の導管でカウンターを置いた場合、出るのは赤マナ。

[編集] 開発秘話

アイスエイジでは過去カードの修正版が多く収録されている。このJeweled Amuletはリミテッド・エディションMoxシリーズの要素を凝縮したものである。(→That Card Again

[編集] 参考

MOBILE