蓄積カウンター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

蓄積カウンター/Charge Counterとはカードに乗せるカウンターの1種。


AEther Vial / 霊気の薬瓶 (1)
アーティファクト

あなたのアップキープの開始時に、あなたは霊気の薬瓶の上に蓄積(charge)カウンターを1個置いてもよい。
(T):あなたの手札にある、点数で見たマナ・コストが霊気の薬瓶の上に置かれている蓄積カウンターの数に等しいクリーチャー・カードを1枚、戦場に出してもよい。



Vivid Meadow / 鮮烈な草地
土地

鮮烈な草地は、その上に蓄積(charge)カウンターが2個置かれた状態で、タップ状態で戦場に出る。
(T):(白)を加える。
(T),鮮烈な草地から蓄積カウンターを1個取り除く:好きな色1色のマナ1点を加える。


蓄積カウンター自体に独自のルールは無い。主な使い方として、カード自身に置かれたカウンターの数を参照して効果を増強したり、あるいは使用回数を制限するために起動コストとして使用される。

初出はレジェンド魔力貯蔵器サイクル。その後も常盤木的に上述のようなタイプのカードに使用される。ミラディン・ブロックでは+1/+1カウンターと共にテーマの1つとなり、アーティファクトの上の蓄積カウンターを操作するカードも登場した。ミラディンの傷跡ブロックでもテーマの1つとなり、増殖の他にも蓄積カウンター操作カードも再登場した。

  • 「Charge Counter」に「蓄積カウンター」という訳語が与えられたのは、魔力貯蔵器再録された第4版
    • しかし第5版で「Storage Counter」が「蓄積カウンター」と訳され、2つの異なるカウンターが日本語では区別が付かなくなってしまった。その後マスクス・ブロックでは、「Charge Counter」が「チャージ・カウンター」、「Storage Counter」が「蓄積カウンター」と訳し分けられたが、さらに後のオンスロート時は再び「Charge Counter」が「蓄積カウンター」と訳され、訳語がごちゃごちゃの状態だった。そのためミラディン発売時に訳語が見直され、「Charge Counter」は「蓄積カウンター」、「Storage Counter」は「貯蔵カウンター」とすることで決着した[1]
      • だが、時のらせんでもミスにより、「Storage Counter」を用いているカード(貯蔵ランドサイクル)の日本語版で「蓄積カウンター」と印刷されている。これらは貯蔵カウンターに修正されている[2]
  • 蓄積カウンターを用いるキーワード能力として烈日がある。

[編集] 蓄積カウンターを操作するカード

[編集] 参考

  1. ミラディン FAQ(よくある質問集)(MJMJ.info)
  2. 「時のらせん」異状集(MJMJ.info)
MOBILE