なかったことに/Never Happened

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Never Happened / なかったことに (2)(黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはそのプレイヤーの墓地か手札から土地でないカード1枚を選び、それを追放する。


手札墓地からカード追放し、痕跡を「なかったことに」してしまうソーサリー。墓地のカードも対象に取れるようになった酷評/Castigateの亜種であり、夜の恐怖/Night Terrorsの事実上の上位互換

抜き取ったカードが墓地に行かず、再活のような墓地から唱えられる呪文宿根など墓地のカードを参照するメカニズムに対する耐性がある。また捨てさせるわけではないので無効皮のフェロックス/Nullhide Feroxを安全に対処でき、弧光のフェニックス/Arclight Phoenixなど墓地から蘇るカードが手札・墓地どちらにあっても対処できるなど、なかなか便利な呪文。

用途に幅があり便利な一方で、3マナというマナ・コスト手札破壊呪文としては少々遅い部類。構築では基本的に強迫/Duress抜去/Divestなどが優先されるだろう。墓地対策としても1枚追放するだけでは不確実な場合も多く、しっかり対策を行うなら歩哨のトーテム像/Sentinel Totemのほうが確実。強いて言えば1スロットに複数の機能を押し込みたい場合に候補になるか。

リミテッドではファッティやボムを事前に追放することができ、また再活でアドバンテージを稼いでくるイゼットカラーデッキにもよく効く。ただし終盤に引いてきたときの弱さが気になるので注意したい。

ディミーアの暗殺者は、ただ一つの記憶を抹消できるほどの精密さを持つ。

[編集] 参考

MOBILE