強迫/Duress

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Duress / 強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカード1枚を選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。


ウルザズ・サーガで初登場し、以降の手札破壊の代表格となったカード。1マナクリーチャーおよび土地以外のカード1枚を選んで捨てさせることができる。

様々な環境において手札破壊の定番として活躍した。黒マナ1つのみで唱えられるため、対戦相手が何かし始める前に1ターン目からいきなり使用できるのが強み。エンチャントアーティファクトといった、にとってパーマネントとなっては対処しづらいカードをピンポイントで墓地送りにできるのは心強い。また非パーマネントでもカウンター除去火力などを落とせるので、フィニッシャー戦場に出す際やコンボの始動時などの安全確認や、暗黒の儀式/Dark Ritualからのスタートダッシュのサポートなどにも力を発揮する。基本セット2010での再録時にはさらにプレインズウォーカーへの対策にもなるためますます重要度が上がった。

また「対戦相手の手札見られる」という点も重要。手札の内容から、相手が使っているデッキを見抜けるうえ、その先の数ターンぶんの展開も推測できるだろう。この「情報アドバンテージ」は、特に何人もの初対面の対戦相手とゲームをすることになるトーナメントでは小さくない利点となる。

エターナル環境には、1マナの手札破壊には他に陰謀団式療法/Cabal Therapy思考囲い/Thoughtseizeコジレックの審問/Inquisition of Kozilekがあるため、デッキの構成とメタによって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。自身のライフを気にする必要のあるANTでは、こちらを優先することもある。

パウパーでは1マナの手札破壊は貴重であり、特にインスタントソーサリーを選んで捨てさせることができるカードは他にないため、黒を含むコンボデッキではしばしばサイドボードに採用される。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

1マナで特定の条件のカードを1枚選んで捨てさせる呪文

土地以外の好きなカードを選んで捨てさせる事ができる亜種は困窮/Distressの項を参照。

[編集] 脚注

  1. mtgjp(Twitter 2019年10月16日)

[編集] 参考

MOBILE