イリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Grove

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dryad of the Ilysian Grove / イリーシア木立のドライアド (2)(緑)
クリーチャー エンチャント — ニンフ(Nymph)

あなたの各ターンに、あなたは追加の土地を1つプレイしてもよい。
あなたがコントロールしている土地は、それの他のタイプに加えてすべての基本土地タイプでもある。

2/4

踏査/Exploration虹色の前兆/Prismatic Omenを内蔵したニンフクリーチャー・エンチャント

マナ加速多色化を両立しつつ、システムクリーチャーとしてはシングルシンボル3マナ2/4とP/Tも悪くない。ただ登場時点のスタンダードでは多色ランプ戦略向けカードとして軽い樹上の草食獣/Arboreal Grazerドローが付いてくるため踏査部分が働き易い成長のらせん/Growth Spiral自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrathなど競合相手が多数存在する。ニヴ=ミゼット再誕/Niv-Mizzet Reborn帰還した王、ケンリス/Kenrith, the Returned Kingなど5色カードの運用が楽になったり、世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the Worldマナ倍増効果をすべての土地に適用できるのは他のライバルに無い利点。

登場時のスタンダードではジャンド・サクリファイスに採用される場合がある。3マナ基盤を補助でき、踏査能力もフェイに呪われた王、コルヴォルド/Korvold, Fae-Cursed Kingと相性が良い。

モダンにおいては、両方の能力が噛み合っているスケープシフトタイタン・フィールドアミュレット・タイタンに採用されることがある。このカードの登場によって、「1枚も基本土地タイプのカードが入っていないのに、溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacleが入っている」という構築のデッキが見られるようになっている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス還魂記ニンフサイクル。いずれもクリーチャー・エンチャントで、稀少度は統一されていない。

[編集] 参考

  1. Blogatog(Mark RosewaterのBlog 2020年1月24日)
MOBILE