クリーチャー・エンチャント

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

クリーチャー・エンチャント/Enchantment Creatureは、クリーチャーであり、かつエンチャントでもあるオブジェクト


Lucent Liminid / 輝く透光 (3)(白)(白)
クリーチャー エンチャント — エレメンタル(Elemental)

飛行

3/3


Nimbus Naiad / 雨雲のナイアード (2)(青)
クリーチャー エンチャント — ニンフ(Nymph)

授与(4)(青)(このカードを授与コストで唱えた場合、これはエンチャント(クリーチャー)を持つオーラ(Aura)呪文である。クリーチャーにつけられていない場合、これは再びクリーチャーになる。)
飛行
エンチャントされているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともに飛行を持つ。

2/2


Erebos, God of the Dead / 死者の神、エレボス (3)(黒)
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

破壊不能
あなたの黒への信心が5未満であるかぎり、死者の神、エレボスはクリーチャーではない。(あなたの黒への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(黒)の数に等しい。)
あなたの対戦相手はライフを得られない。
(1)(黒),ライフを2点支払う:カードを1枚引く。

5/7

クリーチャーかつエンチャントであるカードの初出は2007年未来予知輝く透光/Lucent Liminid。それ以降しばらく作られることはなかったが、2013年テーロス・ブロックでは主要メカニズムとして大々的に取り上げられ、統率者2018テーロス還魂記でも再登場した。

テーロス・ブロック以降は授与を持つカードや伝説の神々サイクルを筆頭に、様々な種類のクリーチャー・エンチャントが登場している。生けるエンチャントである神々、またはその神格の力であるエンチャントの力を注入された存在であるクリーチャー・エンチャントは、ニクス/Nyxの星空を描いた特別なカード枠を持つ(詳細は後述。伝説のアーティファクト・エンチャントサイクルも同様のカード枠を持つ)。

クリーチャーとエンチャントの二つのカード・タイプを持つため、それぞれを参照する効果の影響を両方とも受ける。そのため一般的にはどちらか一方のカード・タイプしか持たないパーマネントよりも除去に弱くなるが、サーチ手段の選択肢が増えるなどの利点もある。

  • 英語表記ではEnchantment Creatureとエンチャントの方が先だが、日本語版ではテーロス以降は「エンチャント(クリーチャー)」との混同を避けるためかクリーチャー・エンチャントの順になっている。
  • テーロス以降の各クリーチャー・エンチャントのカード枠は、カードの背景部分(枠部分)の一部あるいは全体にニクス/Nyxの星空が描かれた特別な枠で印刷されている。テーロス~統率者2018までのものとテーロス還魂記以降のものとで様式に差異がある。
    • テーロス~統率者2018のものは上半分が星空枠、下半分が通常枠となっている(カード画像)。また、ドミナリア枠における伝説のカードカード名を囲う装飾は、通常のものと同じ様式となっている(カード画像)。
    • テーロス還魂記以降のものは、枠全体が星空枠となっているほか、伝説のカードのカード名を囲う装飾の一部も星空になっている(カード画像)。
      • 下半分も星空枠になった理由としては、拡張アート枠を考慮してのものと思われる。それらはイラストが枠部分まで印刷されるため、従来の様式では星空枠が隠れてしまう。
  • テーロス・ブロックのクリーチャー・エンチャントは「エンチャントらしい」と感じる要素を持たせるために自身以外に働きかける能力を持つようデザインされていた[1]。テーロス還魂記ではその規則は厳しすぎたとし、バニラのクリーチャー・エンチャントも登場している[2](→ニクス生まれの狩猟者/Nyxborn Courser)。

[編集] 脚注

  1. A Theros By Any Other Name, Part 2/他ならぬ『テーロス』 その2Making Magic 2013年9月9日 Mark Rosewater著)
  2. At Death's Door, Part 2/死の扉にて その2Making Magic 2020年1月6日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE