スカイシュラウドの歩哨/Skyshroud Sentinel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Skyshroud Sentinel / スカイシュラウドの歩哨 (2)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf)

スカイシュラウドの歩哨が戦場に出たとき、あなたは自分のライブラリーから名前が《スカイシュラウドの歩哨/Skyshroud Sentinel》であるカードを最大3枚まで探し、それらを公開してあなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。

1/1

3マナで1/1とコスト・パフォーマンスが悪いが、サーチ能力により、カード・アドバンテージを得ることができる。しかしながら、リクルートと違い、サーチしてきたスカイシュラウドの歩哨はそのまま戦場に出せるわけではなく、手札に入るだけ。結局はまた3マナ払って1/1のエルフを追加で出せるだけなのである。

手札に2枚もカードが増えるので、それを利用する手もある。ぶどうのドライアド/Vine Dryadなどピッチスペルコストにしてもよいし、サイクルのカードの追加コストにしてもよい。同じブロック内のスペルシェイパーのコストにするのも良いだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マスクス・ブロックの、戦場に出たときに自身と同名カードを最大3枚までサーチするクリーチャーサイクル

また、このETB能力ソーサリーにしたようなカード、群れでの狩り/Pack Huntが存在する。

ラノワールの歩哨/Llanowar Sentinelが元となっている。この同名カードをサーチするメカニズムは、形を変えてオンスロートサイクルで緑以外のクリーチャーにも与えられた。

[編集] 参考

MOBILE