ティアマト/Tiamat

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tiamat / ティアマト (2)(白)(青)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon) 神(God)

飛行
ティアマトが戦場に出たとき、あなたがこれを唱えていたなら、あなたのライブラリーから《ティアマト/Tiamat》という名前でない互いに異なる名前のドラゴン(Dragon)・カード最大5枚を探し、公開し、あなたの手札に加える。その後、ライブラリーを切り直す。

7/7

ダンジョンズ&ドラゴンズにおける悪のドラゴンの神が伝説のクリーチャーとして登場。唱えていれば戦場に出たときドラゴンを5枚までサーチできる伝説のドラゴン・

最大5枚のハンド・アドバンテージを得られる能力は強大だが、唱えていなければならないという制約が厳しいところ。サーチしたところでそれを唱えられるわけでもないので、マナ・コストを支払うことなく唱えるカードと組み合わせてもその先に繋がりにくい、と何重もの悪用防止法が備えられているカード

ここはやはり正攻法でマナ加速から出したいところ。統率者戦では強力なマナ・アーティファクトが多数使えるうえ、多人数戦な分大量サーチを行ってもオーバーキルになりにくく噛み合っていると言える。固有色5色なためあらゆるドラゴンを採用できるのも嬉しい。実際にカジュアルな統率者戦においての需要からかアメリカにおけるフォーゴトン・レルム探訪発売前の予約価格は上位に位置していた。もちろん、ドラゴンを利用する強力なコンボの起点となることで実戦的な運用も可能。

リミテッドではただでさえ5色は事故が怖い上に、他のドラゴンをピックできなければETBが腐るため採用し難い。出れば7/7飛行でなかなかの制圧力を発揮するのだが、巨大なフライヤー1体のために事故率を跳ね上げるのは辛いものがある。

  • 神でもあるので世界樹/The World Treeのサポートが受けられる。ETBこそ使えないものの、土地を5色土地にしてくれるためこちらを唱えるサポートにもなって相性が良い。

[編集] ストーリー

ティアマト/Tiamatダンジョンズ&ドラゴンズのキャラクター。悪のドラゴンの下級。女性。五つの頭部を持つ(イラスト1イラスト2)。別名として、「ザ・クロマティック・ドラゴン」とも。

クロマティック・ドラゴン(色彩竜)/Chromatic dragonの始祖ティアマトは、邪悪なドラゴン種の強欲と悪徳を体現している。彼女は九層地獄/The Nine Hellsの第一階層アヴェルナス/Avernusに棲んでいるが、いつの日か多元宇宙/The Multiverseとその宝物すべてが我が物になると信じている。

ティアマトは巨大なドラゴンで、その五つの頭は彼女が生み出したクロマティック・ドラゴンの姿を反映している――すなわちブラック・ドラゴン/Black Dragonブルー・ドラゴン/Blue Dragonグリーン・ドラゴン/Green Dragonレッド・ドラゴン/Red Dragonホワイト・ドラゴン/White Dragonだ。彼女は戦場における恐怖であり、軍隊を丸ごと殲滅することができる。その五つのブレスと、圧倒的な魔法と、恐るべき鉤爪で。

支配、権力、富を渇望する定命の者は、しばしばそのような目的を追い求めてティアマトに忠誠を誓う。大勢の信者が彼女をアヴェルナスから脱出させようと試みてきた――そして失敗してきた。だが九層地獄にいるときでさえ、ティアマトは自らのアスペクト/Aspect(その力の一片を持つ分身)を物質界/The Material Planeに送り込み、顕現させることができる。

  • イオ神が生んだ双子の兄にして善のドラゴンの神、バハムート/Bahamutは宿敵。また、彼女からアヴェルナスの支配権を簒奪し弱体化させた魔王アスモデウス/Asmodeusとも激しく敵対している。
  • D&D関連作品としては、『ドラゴンランス』シリーズの暗黒神タキシスのアバター「万色にして無色の竜」としての登場が最も有名であろう。
  • ティアマトとはもともと、メソポタミア神話における原初の海の女神。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

MOBILE