ミシックチャンピオンシップリッチモンド19

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ミシックチャンピオンシップリッチモンド19/Mythic Championship VIは、2019年にアメリカのバージニア州で開催された、スタンダードブースター・ドラフトミシックチャンピオンシップ

目次

[編集] 概要

食物デッキが大本命と目される中で行われた大会。スタンダード部門の初日使用率では、スゥルタイ・フード(37.0%)が1位、シミック・フード(19.0%)が2位、バント・フード(7.1%)が3位と、全体の69%ものプレイヤー王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crownsを使用するという、プロツアー/ミシックチャンピオンシップ史上前例のない圧倒的な結果となった[1]。マジックの歴史に残る一強環境は、公式にミシックチャンピオンシップ:オーコと呼ばれるほど。またその流行ぶりはネクロの夏MoMaの冬になぞってオーコの秋とまで揶揄された。[2]

食物デッキはTop8に6人を送り込む活躍を見せた。決勝はシミック・フードのミラーマッチとなり、Ondřej Stráskýが生ける伝説Paulo Vitor Damo da Rosaを破って優勝を飾った。

  • サイドイベントとしてMagicFestが行われ、2~3日目と同じ日程でグランプリリッチモンド19も併催されている。
  • 日本人最高位は川口哲の第32位。
  • Twitchにて英語版公式配信・日本人向けミラー配信が行われたほか、最終日のみTwitch・ニコニコ生放送にて日本語解説付き生放送が行われた。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 脚注

  1. Mythic Championship VI Day One Metagame Breakdown/2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)初日メタゲームブレイクダウン(MAGIC ESPORTS 2019年11月8日 Frank Karsten著)
  2. 第4回戦:行弘 賢(東京) vs. Craig Krempels(アメリカ) ~春過ぎて 夏の帳と オーコの秋~(mtg-jp.com イベントカバレージ 2019年11月8日 伊藤 敦著)

[編集] 参考

2019シーズン
ミシックチャンピオンシップ Ⅰ(クリーブランド) - Ⅱ(ロンドン) - Ⅲ(ラスベガス) - Ⅳ(バルセロナ) - Ⅴ(ロングビーチ) - Ⅵ(リッチモンド) - Ⅶ(ロングビーチ)
グランプリ オークランド - プラハ - ニュージャージー - シドニー - トロント - ストラスブール - メンフィス - クリーブランド - ロサンゼルス - ビルバオ - タンパベイ - 京都 - カルガリー - サンパウロ春 - 横浜 - ナイアガラフォールズ - ロンドン - マディソン - プロビデンス - カンザスシティ - 台北 - コペンハーゲン - ワシントンDC - シアトル - ダラスフォートワース - クラクフ - デトロイト - デンバー - バルセロナ - 千葉 - ミネアポリス - バーミンガム - ラスベガスモダンリミテッド) - インディアナポリス - ヘント - アトランタ - モントリオール - バンコク - ユトレヒト - フェニックス - 名古屋 - リヨン - リッチモンド - サンパウロ秋 - コロンバス - ボローニャ - ブリスベン - オクラホマシティ - ポートランド
その他 マジック・プロリーグ - ミシックインビテーショナル - 日本選手権 - アジアヴィンテージ - アジアレガシー - 北米ヴィンテージ - 北米レガシー - ヨーロッパヴィンテージ - ヨーロッパレガシー - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-200520062007200820092010201120122013201420152016201720182019
MOBILE