信仰無き物あさり/Faithless Looting

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Faithless Looting / 信仰無き物あさり (赤)
ソーサリー

カードを2枚引き、その後カードを2枚捨てる。
フラッシュバック(2)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


の強力な手札交換ソーサリー。赤くなってフラッシュバックの付いた入念な研究/Careful Study

目次

[編集] 解説

単色手札交換は「捨ててから引く」「無作為に捨てる」などクセの強いものが多いが、これは引いてから捨てる上、捨てるカードを選べるため非常に使い勝手が良い。加えてマナ・コストフラッシュバックコストともに軽く墓地利用デッキではかなり強力。このカード自身が墓地に落とされても機能するのも嬉しい。

また1枚でライブラリーを4枚も掘り下げられるカードはそれだけで赤には貴重。カード・アドバンテージを失うため無条件で採用できるわけではないが、コンボデッキなどキーカードの比重が大きいデッキであれば、墓地依存でなくとも採用を検討できる。

[編集] 利用

[編集] スタンダード、イニストラード・ブロック構築

スタンダードおよびイニストラード・ブロック構築では、主にを含むリアニメイトデッキで使われた。Frites4色リアニメイト人間リアニメイトなど。

[編集] モダン

モダンはこのカードが最も活躍したフォーマットである。カードプールの増加に伴って評価が上がり、ドレッジホロウ・ワンブリッジ・ヴァイン青赤フェニックスマルドゥ・パイロマンサーなど、後述の禁止指定まで様々なデッキで使われ続けた。

各種墓地利用ギミックとのシナジーはもちろん、若き紅蓮術士/Young Pyromancer弧光のフェニックス/Arclight Phoenixと組んだときには、軽くて1枚で2回唱えられる呪文という点でも有用。

[編集] レガシー

レガシーではドレッジで使われるほか、黒赤リアニメイトを成立させる立役者となった。

[編集] 禁止指定

2019年8月30日(Magic Onlineでは8月26日)より、モダン禁止カードに指定される[1]。事実上の「信仰無き物あさりデッキ」である墓地利用デッキが長期にわたって活躍し、メインデッキから墓地対策を採用させるなど、メタゲームに悪影響を及ぼしていることが問題視された。

[編集] 開発秘話

このカードはThe Great Designer Search 2で得られたアイディアが元になっている。1次予選における「能力1つをあるから他の色に移すとしたら何がよいか」という問題に対し、「カードの濾過/card filtering・ルーター能力/looting(カードを引き、カードを捨てること)をからに移す」という回答が複数寄せられた[2]

開発部はこのアイディアを気に入り、青からルーター能力を取り除くことはしないが、赤に追加することを決定した。後に赤のルーター能力は「捨ててから引く」ようになったが、このカードは青と同じ「引いてから捨てる」ものとして世に出ることになった[3]

[編集] その他

[編集] 脚注

  1. August 26, 2019 Banned and Restricted Announcement/2019年8月26日 禁止制限告知
  2. Essay What/論述問題Making Magic 2010年11月8日 Mark Rosewater著)
  3. Dark Shadows, Part 1/暗き影 その1(Making Magic 2012年1月23日 Mark Rosewater著)
  4. Faithless Looting(Arcana 2011年11月22日 Monty Ashley著)

[編集] 参考

MOBILE