原初の命令/Primal Command

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Primal Command / 原初の命令 (3)(緑)(緑)
ソーサリー

以下から2つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは7点のライフを得る。
・クリーチャーでないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上に置く。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の墓地を自分のライブラリーに加えた上で切り直す。
・あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探し、それを公開し、それをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。


命令は、ライフ回復ライブラリーの一番上へのバウンスライブラリー修復、クリーチャーカードサーチ

1番目の回復は、1枚のカードの回復量としてはかなり大きい。ダメージレースで優位に立て、また数枚分の火力を相殺できる。ビッグ・マナなどの時間を稼げば有利な展開に持ち込めるデッキにとっては魅力的な効果である。また一刻を争う状況でライフ面の猶予を得られるため、他モードの効果を活かす上でも密接に関わる事が多い。

2番目のバウンスは、土地以外にも効く休耕地/Fallow Earthといった具合のタイム・デストラクション。厄介なカードを一時的に対処することもできるし、不要なカードをライブラリーの一番上に戻すことで対戦相手ドロー腐らせることもできる。直後に引き直されるとは言え単純に対戦相手の手札パーマネントの総数を目減りさせるため、アドバンテージ面で優位に立つことを目的とする場合は効果的なモードである。

3番目のライブラリー修復は、対戦相手も対象にできるため、リアニメイトフラッシュバックなどの墓地利用カードへの対策としても利用できる。特に目覚ましヒバリ/Reveillarkを用いたブリンクにはよく効くだろう。またライブラリーを切り直すため、2番目の能力でライブラリーの一番上に置いたカードを排除でき、このカードを根組み/Rootgrappleのような効果として使うことを可能にしている。

最後のサーチは、2番目の能力と組み合わせればアドバンテージを得る事ができる(相手-1、自分±0で差し引き1枚の有利)。シルバーバレット戦略を取ることもでき、他の効果と組み合わせてこの1枚でデッキの対応力を高めてくれるため非常に有用である。サーチカードとしては重いが、タイム・デストラクションやライフ回復で時間稼ぎも同時に行えるので、実際はそれほど気にならない事が多い。

いずれの効果も単体では地味なものであるが、腐りにくく、サイクルの融通性の点でも見劣りしない。時間を稼ぎつつ手を進めたり、クリーチャー以外のパーマネントに(サーチしたカード次第では対クリーチャーも)対応できるため、大抵の脅威へ何かしらの解答を見出せる汎用性の高さが評価されており、緑を含むコントロール寄りのデッキで採用されるケースが多い。また、親和エルフでは威厳の魔力/Regal Forceにつなげるために使われた。

モダンでは重さがネックになり採用率は高くないものの、歯と爪デスクラウドタイタン・スケープシフトなどで採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン命令サイクル。4つのモードから2つを選ぶ。スカージ命令サイクルとは別である。

[編集] 参考

MOBILE