太陽打ちの槌/Sunforger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sunforger / 太陽打ちの槌 (3)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+4/+0の修整を受ける。
(赤)(白),太陽打ちの槌をはずす:あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが4以下の赤か白のインスタント・カードを1枚探し、そのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
装備(3)


赤白デッキ装備品マナ・コストが3マナ装備コストも3と、赤白ウィニーには重いが、その分能力は強烈。はずす事によって、ライブラリーから直接インスタントカード探し唱えられる。

困った時の火花の結実/Seed Sparkやとどめの黒焦げ/Char等と柔軟性に富んだ働きをしてくれる。ただ、起動するのに、()()を支払う必要があり、再度使いたい時にも3マナ支払って装備しなおさなくてはならず、一回ごとにかなりマナを食う。その装備に対応してクリーチャー除去されたら目も当てられない。

パワーに+4も修整が与えられるので、単純にボロスの速太刀/Boros Swiftbladeなどに装備させてもよい。リミテッドでは起動型能力をあてにしなくても、この修整だけで十分である。

  • 点数で見たマナ・コストが4以下」で「赤か白」のインスタントであれば、多色カード混成カードも含む)はもちろん、分割カードを探して、好きな方の半分を唱えられる。これを利用すれば、赤白とは縁もゆかりもないカードを突然唱えることもできてしまう。詳しくは分割カード#ルーリングを参照。
    • 例:火+氷/Fire+Iceを探してきた場合は、火はもちろん、氷の方も唱える事が可能。
    • アモンケット登場に際しての分割カードのルール改定で少し使いづらくなった。旧ルールでは、カードの色については挙動は変わってはいないが、「どちらか一方の点数で見たマナ・コストが4以下なら、全体でも「点数で見たマナ・コストが4以下」の条件を満たしている。」だったものが、「点数で見たマナ・コストは両方の和」となったため、探せるカードが減ってしまった。
  • 等時の王笏/Isochron Scepterと同様、ライブラリーから探してきたカードを唱える際にキッカーバイバックなどの追加コストを支払う事ができる。
  • ライブラリーから直接唱えるので勘違いしやすいが、唱えたカードは解決時には通常通り墓地に置かれる。
  • 天界の曙光/Celestial Dawnと一緒に使えば他ののカードも使用可能。
  • ごみ引きずり/Junktrollerと組み合わせると、1ターンごとに1回繰り返し使用可能。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ・ブロックの、ギルドアーティファクトサイクル。各ギルドコストに含む起動型能力を持つ(与える)。

[編集] 参考

MOBILE