安全の領域/Sphere of Safety

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sphere of Safety / 安全の領域 (4)(白)
エンチャント

クリーチャーは、そのコントローラーが攻撃クリーチャー1体につき(X)を支払わないかぎり、あなたやあなたがコントロールするプレインズウォーカーを攻撃できない。Xは、あなたがコントロールするエンチャントの数である。


エンチャントの数だけ攻撃制限を強化する亡霊の牢獄/Ghostly Prison

最低でも1マナの支払いを求めエンチャントの数次第では攻撃を完全にストップさせる。除去の少ないリミテッドでは強烈。

しかしエンチャントは並べるのが難しいパーマネントの一つ。特にオーラと併用する場合はエンチャント先に困らないものを選択したい。

基本セット2013ラヴニカへの回帰ブロック当時の環境では、ラヴニカへの回帰収録のエンチャントはオーラが多く(特にコモンはすべてオーラ)、賛美などの単騎を推奨するキーワード能力があるのも逆風だった。

基本セット2014テーロス・ブロックの環境では、エンチャントが主テーマであるテーロスが参入したことにより、数多くの有用なエンチャントやクリーチャー・エンチャントが収録され相対的に強化された。特にクリーチャー・エンチャント・トークンを生み出せる太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sunとの組み合わせは強力。一方で、エンチャント除去カードの価値が向上し採用率が高まったのは大きな逆風である。安全の領域では対処しきれないあらゆるパーマネントを、単色で除去できる忘却の輪/Oblivion Ringという相棒を失ってしまったことも痛手。

[編集] 参考

MOBILE