引き裂く流弾/Rending Volley

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rending Volley / 引き裂く流弾 (赤)
インスタント

この呪文は打ち消されない。
白か青のクリーチャー1体を対象とする。引き裂く流弾はそれに4点のダメージを与える。


焼却/Combust下位種的存在。1マナ軽い代わりに、ダメージ量が1点減って軽減されない効果もなくなっている。

軽減はされるようになったが、それよりもマナ・コストとダメージ量の方が大きな違いだろう。4点でも十分な状況ならば、この軽さとダメージ効率の高さは焼却以上に優秀。ただし当然焼却よりも除去できる範囲は狭まっているため、焼却とどちらも使える環境では、何を除去するものとして想定するかは採用の時点で熟慮する必要がある。

スタンダードではデッキサイドボードに採用されることがある。戦乱のゼンディカー参入後はローテーションにより軽い火力の選択肢が乏しくなったこともあり、採用率が上昇している。

モダンでは、特に欠片の双子対策として焼却に代わり赤いデッキのサイドボード定番カードとなっている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝アンコモン2色同時対策カードサイクル

[編集] 参考

MOBILE