意味の渇望/Thirst for Meaning

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thirst for Meaning / 意味の渇望 (2)(青)
インスタント

カードを3枚引く。その後、あなたがエンチャント・カード1枚を捨てないかぎり、カード2枚を捨てる。


アーティファクトではなくエンチャントを要求するようになった知識の渇望/Thirst for Knowledgeカード名もそちらを本歌取りしたものとなっている。

ドロー呪文としての使い勝手の良さは知識の渇望が証明済み。先達と同様にエンチャントをテーマとするカードセットで登場したため、構築をエンチャントに寄せやすい環境である点も評価できる。

登場時のスタンダードではアゾリウス・コントロールティムール再生で実績を残している。 パイオニアでは、除去拘留の宝球/Detention Sphere封じ込め/Seal Awayといったエンチャントに寄せることで、このカードを最大限に生かしたタイプの青白コントロールが新たに登場した。最低でも手札交換と墓地肥やしになり、時を越えた探索/Dig Through Timeのサポートにもなる。

[編集] 参考

  1. 『テーロス還魂記』のプロモ(Daily MTG 2020年1月9日)
MOBILE