時を越えた探索/Dig Through Time

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dig Through Time / 時を越えた探索 (6)(青)(青)
インスタント

探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)
あなたのライブラリーの一番上から7枚のカードを見る。それらのうちの2枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


探査付きの衝動/Impulseドロー呪文見る枚数と手札に加える枚数は往年の祖先の記憶/Ancestral Memoriesと同じ。

7枚も見れば有効カードを手札に加えられる可能性は高い。マナ・コストがかなり重いのは難点だが、中盤以降なら探査を活かせばそれほど負担にはならないし、インスタントなので隙も作りづらい。特にコントロール系のデッキでは役立つ。

スタンダードではジェスカイウィンズ青黒コントロールエスパーコントロールなどで採用されていた。

パイオニアでは、ある意味このカードが使える事自体がフォーマットの特色の一つである(モダン以下のフォーマットではほぼ全て禁止・制限指定を受けているため)。パイオニアはモダン以下のフォーマットと比べてカードプールが狭く、軽い優秀な呪文フェッチランドを欠くことから墓地を肥やしにくいという懸念こそあるものの、裏を返せば適正なカードパワーに収まっているということでもある。適切なデッキで扱った時のコスト・パフォーマンスの高さはやはり歴然で、青白コントロール等の長期戦で自然に墓地を肥やせる系デッキではドロー手段として重宝されている。他にも青系のコンボデッキではコンボパーツをかき集める役割を果たす。ターボネクサスでは一度ループに入れば速やかにフィニッシュカードへとアクセスできるため、このデッキの悩みの一つであるゲーム時間の短縮にもなっている。インバーター・コンボでもコンボパーツ探しとして活用され、墓地から任意のカードを取り除けることすらも利用されていた。

フェッチランドや軽いカードの比率が高く墓地が肥えやすいモダン以下のフォーマットでは非常に強力であり、幅広い青系デッキに採用された。モダンでは特にスケープシフトレガシーでは奇跡コントロール全知実物提示教育宝船の巡航/Treasure Cruise禁止後のデルバー系などを大きく強化した。

No matter how deep the treasure is buried, Hunter can always sniff it out.
お宝がいかに深く埋められていようと、ハンターはいつでも臭いで見つけ出してしまう。

[編集] 禁止・制限履歴

2015年1月23日より、モダン宝船の巡航/Treasure Cruiseと共に禁止カードに指定された。このカード自体のカードパワーももちろんだが、宝船の巡航を使っていたデッキがそのままこれを採用するのでは宝船の巡航を禁止した意味がないという意図もある。レガシーヴィンテージでは、宝船の巡航は禁止・制限される一方で時を越えた探索はそのままだった。(参考/翻訳

その後2015年10月2日より、レガシーで禁止カード、ヴィンテージで制限カードに指定された。レガシーでは戦略的多様性が損なわれていることを理由に、ヴィンテージでは他の制限されているドローカードと同等のカードパワーを持つと認められたことが理由。(参考/翻訳

[編集] 参考

  1. ウィザーズ公認店舗を応援し、さらなる「Summer of Legend」プロモを受け取ろう(Daily MTG 2021年6月23日)
MOBILE