硫酸の波/Wave of Vitriol

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wave of Vitriol / 硫酸の波 (5)(緑)(緑)
ソーサリー

各プレイヤーはそれぞれ自分がコントロールするすべてのアーティファクトとエンチャントと基本でない土地を生け贄に捧げる。これにより生け贄に捧げられた土地1つにつき、そのコントローラーは自分のライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出してもよい。その後、これにより自分のライブラリーを探した各プレイヤーは、自分のライブラリーを切り直す。


豪快な全体除去除去するのを得意とするアーティファクトエンチャントを消し飛ばした上で、基本でない土地基本土地に変えさせてしまう。

リセットボタンではあるのだが、コントロールデッキからすると一番対処したいクリーチャーに触れない上に対戦相手がアーティファクトやエンチャントを利用しているかどうかはクリーチャーに比べるとやや不確定な部分がある。やはり自らクリーチャーを並べ、戦場の有利を固定する使い方が良いだろう。特に重さを補ってくれる上に自らは巻き込まれないマナ・クリーチャーとの相性は抜群。さらに十全に使うならば自分土地を基本土地で固めたいところだが、アルゴスの庇護者、ティタニア/Titania, Protector of Argothなどと組み合わせるならば基本でない土地を採用することもできる。

統率者戦では強力なマナ・アーティファクトや基本でない土地が多数使えるので、「唱えても自分の被害だけが甚大」ということにもなりにくいだろう。自分でもそれらが使いにくくなるが、先述の通りクリーチャーによるマナ加速には困らないなのでさほど問題はないだろう。

[編集] 参考

MOBILE