マナ・クリーチャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・クリーチャー(Mana Creature)は、マナを生成することができるクリーチャーのこと。おおよそ、タップでマナを生む起動型能力マナ能力)を持っているものがこう呼ばれる。


Llanowar Elves / ラノワールのエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):(緑)を加える。

1/1


Palladium Myr / パラジウムのマイア (3)
アーティファクト クリーチャー — マイア(Myr)

(T):(◇)(◇)を加える。

2/2

目次

[編集] 解説

クリーチャー、そしてマナに関連した能力を扱うのに長けたお家芸の1つ。ほかのアーティファクトなどにも存在しないわけではないが、やはり緑のものが質・量ともにもっとも充実している。土地サーチマナ・アーティファクトによるマナ加速と比べて、基本的に軽く戦闘要員にもなるという長所が高く評価される。一方で、召喚酔いの影響を受ける、クリーチャー除去によってマナ基盤が崩れてしまうといった短所もあるため、デッキタイプによって使い分けられることも多い。

基本的に1~2ターン目から戦場に出て、翌ターン以降のためのマナ加速を行うのが理想的な流れ。緑を含む様々なデッキで、デッキタイプや速度を問わずよく投入されている。最序盤のマナ加速は後の展開で大きく優位を得られるため、構築では主に2マナ以下のものが用いられる。3マナ以上となると、テンポの悪さや除去された際の損失が大きく、マナ・アーティファクトなど他の選択肢も増え始めるため、敬遠される傾向にある。ただし、金属細工師/Metalworkerエルフの大ドルイド/Elvish Archdruidなど、爆発的なマナ加速を狙えるのであればこの限りではない。

かつては1マナのマナ・クリーチャーが標準であり、2マナのものであっても好まれない時代が続いていたが、現在ではバランスの見直しによって、スタンダードのマナ・クリーチャーは2マナが標準となっている。詳細は#1マナのマナ・クリーチャーの退場を参照。

  • エルフの得意技のひとつだが、職業で見るとドルイドが持つことが多い。
  • 上述したとおり、マナ・アーティファクトなどとの最大の違いは、なんと言っても「隙を見て戦闘に参加できる」こと。チャンプブロック要員に回ったり、巨大化/Giant Growthなどの援護を受けて攻撃したりするのも重要な仕事。
  • 「見たら焼け」と言われることが多い。マナ・クリーチャーを多用するデッキは、最序盤におけるそれの展開を前提にマナカーブ等のバランスを取っており、序盤に除去されてテンポが崩れると機能不全に陥りやすいため。
  • マナ能力持ちではないものの、実質的なマナ加速を行なうクリーチャーのことも含めることがある。一例としては使い魔サイクル桜族の長老/Sakura-Tribe Elder水蓮のコブラ/Lotus Cobraなど。
  • 緑の専売特許というわけでもなく、「アーティファクトの扱いに長けた色である」という理由で[1]にも無色マナを生むクリーチャーの存在が認められている[2]が、多くの場合は大建築家/Grand Architectのように用途が制限される。

[編集] 1マナのマナ・クリーチャーの退場

リミテッド・エディションの古来より、ラノワールのエルフ/Llanowar Elves極楽鳥/Birds of Paradiseに代表される1マナのマナ・クリーチャーはのデッキを支え続け、また基本セットの常連でもあった。「2ターン目に3マナが出る恒久的なマナ加速」というのは他のではなかなか真似できないものである。

一方で、開発部はこれが緑の戦略を固定してしまい、1ターン目にマナ・クリーチャーを展開できたゲームと出来ないゲームの差が大きすぎるという事を問題視していた。緑のマナ基盤のバランス調整が行われた結果、マジック・オリジンエルフの神秘家/Elvish Mysticの代わりに葉光らせ/Leaf Gilder再録された事で、スタンダード環境から1マナのマナ・クリーチャーは退場した[3][4]

[編集] 主なマナ・クリーチャー

[編集] 脚注

  1. What part of blue's thematic or mechanical place...(Blogatog 2017年6月8日 Mark Rosewater著)
  2. Which old mana creature is more of a colour pie...(Blogatog 2015年10月22日 Mark Rosewater著)
  3. Journey into the Mailbag/一問一答への旅(Latest Developments 2014年4月25日 Sam Stoddard著)
  4. A Standard Power Level/スタンダードのパワー・レベル(Latest Developments 2016年2月5日 Sam Stoddard著)
  5. Stories from Dominaria, Part 3/『ドミナリア』での話 その3(Making Magic 2018年4月30日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE