稲妻の連鎖/Chain Lightning

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chain Lightning / 稲妻の連鎖 (赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻の連鎖はそれに3点のダメージを与える。その後、そのプレイヤーかそのパーマネントのコントローラーは(赤)(赤)を支払ってもよい。そのプレイヤーがそうした場合、そのプレイヤーはこの呪文をコピーし、そのコピーの新たな対象を選んでもよい。


稲妻/Lightning Boltの調整版である火力コピー効果ソーサリーという二点のマイナス要素が追加された。

対戦相手マナが残っていると反撃されるというリスクがあるものの、実際にはこのペナルティ能力が問題になる場面は少ない。単純に対戦相手がマナを残していない場面を狙うだけでよく、さらに赤マナ2点という色拘束の強いコストを要求するため、の濃いデッキでなければ支払うこともままならない。マナが余るゲーム終盤などでコピーされた場合でも、こちらもまたコピーしてしまえばよく、3マナ6点火力(あるいはそれ以上)になるなら逆に好都合であるため、それを嫌がり対戦相手がコピーを選ばない事も多い。したがってデメリットとしてはほとんど機能しておらず、稲妻に劣る点は実質ソーサリーであることくらいと言っていい。結果として、使い勝手の非常に良い優良呪文となっている。

現在もレガシーでは、赤単の主力火力として、また赤入りデッキの追加の稲妻として、高い頻度で採用されている。ただし、血染めの月/Blood Moonを加えたデッキでは反撃を食らう機会も多いことに注意。パウパーでも同様に赤系デッキでよく採用される。

[編集] 参考

MOBILE