終わり無き地平線/Endless Horizons

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Endless Horizons / 終わり無き地平線 (3)(白)
エンチャント

終わり無き地平線が戦場に出たとき、あなたのライブラリーから望む数の平地(Plains)カードを探し、それらを追放してもよい。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
あなたのアップキープの開始時に、あなたは終わり無き地平線によって追放されたあなたがオーナーであるカードを1枚、あなたの手札に加えてもよい。


マナ切り離し/Mana Severanceの亜種。だがその性能は大きく異なる。

まず、追放できる土地平地に限定された。デッキ圧縮目的で用いる場合は、マナ切り離しの方がマナ・コスト軽く使いやすい。に近い構成ならば同様の運用も可能だが、メリットに乏しいだろう。

そして最大の相違は、このカードの売りである2つ目の能力。自分のアップキープ毎に追放した平地を手札に加えるという、平行思考/Parallel Thoughtsに似た効果を発揮する。もっとも、こちらはドロー置換するわけではないので、毎ターン手札が二枚ずつ増えていく。デッキ圧縮によりライブラリーの密度も濃くなるためキーカードを引く確率も増え、カード・アドバンテージも得られると一石二鳥の効果である。

とはいえ、4マナも出せる状況でよりマナ基盤が安定するというだけでは有難味に欠ける。回顧コスト独房監禁/Solitary Confinementなどのアップキープ・コストに充てる、自分から土地リセット呪文を撃つなど、手に入れた平地を十分に生かす手段がほしいところ。しかし割られた場合のリスクを考えると、構築環境での採用はメタ次第な面も大きい。結局、目立った活躍は見せないままスタンダードを去った。

  • 平地の土地タイプを持つデュアルランドショックランドも持ってこられる。それらの2色地形をデッキに1枚ずつ挿しておくだけで、すべてのにアクセスし、かつアドバンテージを稼ぐことも可能。
  • マナ切り離しがハルマゲドン/Armageddonのような土地破壊を苦手としていたのに対し、こちらは確実に土地を伸ばしていけるためむしろ土地破壊には耐性があると言えるだろう。ただしこれ自体を割られてしまうと、追放されたカードは手札に加えることができなくなるので、あまり効果を過信せず時にはマナ切り離しと同様の結果と割り切ることも必要。

[編集] 参考

MOBILE