苦悶の侍祭/Acolyte of Affliction

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Acolyte of Affliction / 苦悶の侍祭 (2)(黒)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

苦悶の侍祭が戦場に出たとき、カードを2枚切削する。その後、あなたはあなたの墓地からパーマネント・カード1枚をあなたの手札に戻してもよい。

2/3

ETBライブラリーを2枚切削し、その後パーマネントカード回収できる人間クレリック

スタンダードで同居するゴルガリの拾売人/Golgari Findbrokerと比較すると、サイズが縮んだ代わりに色拘束が緩和され、回収選択肢を自ら増やすことができ、対象を選ばないため「塵へのしがみつき/Cling to Dustなどで対応してピンポイントで墓地追放される」といった事態への耐性もある程度有する、と単体のシステムクリーチャーとしての性能はこちらの方が高い。信心メカニズムに関しても今回は黒緑であるファリカ/Pharikaは収録されていないので特に重要視されない。ただし登場時のスタンダードではゴルガリの拾売人が活躍したようなゴルガリ・ミッドレンジに当たるデッキゴルガリ出来事であり、そちらにはより適した回収クリーチャーである真夜中の騎士団/Order of Midnightが採用される。構築で活躍するには出来事に頼らない黒緑のデッキが隆盛する必要があるだろう。

リミテッドではカード・アドバンテージが得られ、黒緑脱出戦略を後押しする良アンコモン

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス還魂記アンコモンの2カードサイクル

[編集] 参考

MOBILE