闘技場の大魔術師/Magus of the Arena

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Magus of the Arena / 闘技場の大魔術師 (4)(赤)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(3),(T):あなたがコントロールするクリーチャー1体と、対戦相手1人が選んだそのプレイヤーがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それらをタップする。それらのクリーチャーは格闘を行う。(それぞれはもう一方に自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。)

5/5

次元の混乱で新たに作られた大魔術師サイクルの大魔術師は闘技場/Arena

クリーチャーとなった最大のメリットは、自身を対象に取れること(対象とするクリーチャーはアンタップ状態である必要がないことに注意)。5/5というサイズは並ではなく、大抵のクリーチャーを一方的に葬ることができる。対戦相手にクリーチャーの選択権があるが、複数クリーチャーを並べるようなデッキなら小型クリーチャーが多いため、ほぼ確実に除去することができる。

6マナとこのサイクルでは最も重いが、元の闘技場も有効利用するためにはファッティを出す必要があったため、そこまでデメリットではない。後はこれが出るのが間に合うかどうか、である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

次元の混乱大魔術師サイクル。過去の強力な土地と同じ効果能力を持つ。括弧内は元になったカード

[編集] 参考

MOBILE