高名な弁護士、トミク/Tomik, Distinguished Advokist

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tomik, Distinguished Advokist / 高名な弁護士、トミク (白)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) アドバイザー(Advisor)

飛行
戦場にある土地と墓地にある土地カードは、対戦相手がコントロールしている呪文や能力の対象にならない。
対戦相手は墓地から土地カードをプレイできない。

2/3

土地の権利に詳しい伝説の人間アドバイザー

2マナ2/3飛行という優秀な基本性能を持つヘイトベアー。2つの常在型能力はややニッチな効果範囲であり影響を与えるカードは多くないが、レガシーにおいて広く使われる不毛の大地/Wastelandの対策になるほか、演劇の舞台/Thespian's Stage壌土からの生命/Life from the Loamを擁する土地単ターボ・デプスに対して効果的。主にDeath & Taxesでの採用が期待される。

スタンダードにおいてはほぼ世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the Worldに対するピンポイントの対策カードと言える。デッキの打撃力を落とさないニッサ対策として、白ウィニーボロス・フェザーサイドボードに採用される。

リミテッドではフレンチ・バニラとして運用することになるが、2マナ2/3飛行の基本スペックだけでも優秀であるためが入るデッキであれば採用圏内。同セットの最も軽いプレインズウォーカーは3マナであり、それらに先んじて空から睨みを利かせることができる。ただしダブルシンボルであることから白の濃いデッキでなければ安定して序盤に出せるとは言えず、ドラフトで強力なアンコモンと共に出てきた場合は悩ましい選択になるだろう。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

トミク・ヴロナ/Tomik Vronaオルゾフ組/The Orzhov Syndicateに所属する人間の保安魔道士/Security mage。テイサ/Teysaの弟子であり、ラル・ザレック/Ral Zarekの恋人。契約や口約束の専門家で、法の抜け穴を突くオルゾフの一員としては珍しく、法を尊ぶよう育てられた。

詳細はトミク・ヴロナ/Tomik Vronaを参照。

[編集] 参考

MOBILE