Ken, Burning Brawler

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ken, Burning Brawler (1)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ・戦士(Warrior)

果敢
(赤/白):ターン終了時までKenは先制攻撃を得る。
Shoryuken ― Kenが戦闘ダメージを与えるたび、あなたはあなたの手札から、そのダメージの点数以下のマナ総量をもつソーサリー呪文を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

4/2

アーティスト:Yongjae Choi


ゲーム「ストリートファイター」シリーズとコラボレーションしたユニバースビヨンド

素の性能は4/2とやや頭でっかちで打たれ弱いが、火力に対しては果敢で多少の抵抗力を持ち、コストを必要とするとはいえ先制攻撃もありクリーチャーにも強い。確定除去や数値の大きな火力には貧弱ながら、ダブルシンボルかつ伝説のクリーチャーとはいえ3マナ域なのを考えれば悪くない性能を持つといえる。

また、戦闘ダメージを与える度、手札ソーサリー呪文踏み倒し唱えることができる。マナ総量が与えたダメージ以下という制限こそあるが、素の状態でパワーが4あり、果敢も合わせればそこそこ重い呪文も使用できる。先制攻撃により、仮に戦闘した相手が生き残ったとしても、反撃を貰う前にソーサリーを使えるのでそれで倒せれば生き延びれるし、返り討ちに遭った場合もカード・アドバンテージとしては不利がつくとはいえ、テンポ・アドバンテージ面では多少有利を取ることも可能。もちろん、なんらかの手段で強化しておけばより重い呪文を唱えることも可能。

短所はやはり、戦闘以外に対する打たれ弱さ。前述の通り、火力へは最低限程度の抵抗力があるものの、これが使えるフォーマットの基準では果敢が1回や2回誘発したところで、1マナ火力に打ち倒されてしまう程度のタフネスにしかならない。踏み倒しに戦闘が必要なことから奇襲性も低く、初動までの隙を減らせるインスタントとは相性が悪いという絶妙な噛み合わなさ。デッキ構築の段階から使用者のバランス感覚を問われる1枚。

  • 「Shoryuken(昇龍拳)」は原作におけるケンの必殺技。厳密には同門の暗殺拳を用いるキャラクターが共通して持つ必殺技のひとつで、体を捻りながらアッパーカット+飛び膝蹴りを放つ。この複合攻撃をマジック風に再現した結果が、戦闘ダメージ+ソーサリーの使用ということだろう。

[編集] 参考

MOBILE