Ryu, World Warrior

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ryu, World Warrior (2)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ・戦士(Warrior)

訓練
Hadoken ― (4)(赤),(Q),カード1枚を捨てる:クリーチャーやプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。Ryu, World Warriorはそれに自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。この方法でクリーチャーに余剰のダメージが与えられたなら、カード1枚を引く。

2/4

アーティスト:Jason Rainville


ゲーム「ストリートファイター」シリーズとコラボレーションしたユニバースビヨンド

最初は2/4と地味なP/Tしか持たないが、訓練が1度誘発されれば3/5とその時点で3マナ域としては十分な性能に。更に合計5マナアンタップ手札1枚をパワー分の火力に変換できる。通常なら最大でも1:1交換にしかならないが、墓地利用を併用させたり、クリーチャー対象にし、更に余剰のダメージを与えているのであれば手札を補填、実質0:1交換とアドバンテージを得られるようになる。コスト重く連発するのは難しいが回数制限自体はないので、タップ手段と併用すれば更に大きなアドバンテージを稼げる場合も。

短所としては、訓練の性質として既に整った盤面では膨れ上がる前に戦闘で討ち取られてしまう点。火力がパワー分のため全面的に訓練回数に強く依存しており、パワーが4以上のクリーチャーに待ち構えられていると沈黙してしまう。追放疑似除去は火力による脅威の排除を得意とする色の組み合わせであり、多少はカバーしやすいとはいえこれが採用できるフォーマットでは対戦相手からの除去も苛烈。除去耐性は特にないことから軽い呪文で対処されてしまいやすく、能力の性質的にも召喚酔いの影響は大きく、隙がやや大きめなのも気にかかる。

  • 「Hadoken(波動拳)」は原作におけるリュウの必殺技。(キャラクターが右向きの場合)下、右下、右、と方向レバーを入力するコマンド入力が有名。アンタップ・シンボルでこれを再現している。
  • 白のカードの中央近くにワンポイントで赤マナシンボルを置くテキスト欄は、日の丸国旗のイメージかもしれない。

[編集] 参考

MOBILE