SDCCプロモーション・カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

San Diego Comic ConのHasbroのブースで限定販売されたプロモーション・カード一覧。

目次

[編集] 概要

1人のアーティストによる新規イラストの、特殊なのデザインや共通のテーマのイラストで揃えられた、その年のスタンダードで使用可能なカードのセットとなっている。

[編集] 一覧

[編集] 2013年

基本セット2014に収録されたプレインズウォーカーのセット。2015年までのカードはモノクロにメインカラーがアクセントに入った特殊なイラストと枠になっている。アーティストはSteve Prescott

[編集] 2014年

基本セット2015に収録されたプレインズウォーカーのセット。アーティストはJae Lee

[編集] 2015年

マジック・オリジンに収録されたプレインズウォーカーのセット。アーティストはWayne Reynolds

[編集] 2016年

異界月のストーリーでリリアナが活躍していたことを反映してか、リリアナ以外のゲートウォッチ/The Gatewatchのメンバーがゾンビ化している。アーティストはEric Deschamps[1]

[編集] 2017年

アモンケット・ブロックのストーリーを反映し、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasによって古代エジプト壁画風に描かれたゲートウォッチの面々というセットになっている。アーティストはVincent Proce[2]

[編集] 2018年

ドミナリア/Dominaria伝説のキャラクター達のステンドグラスを背景にしたゲートウォッチの面々。アーティストはTerese Nielsen

[編集] 2019年

灯争大戦のストーリーを反映し、ニコル・ボーラスと彼に使える4体の永遠神が選ばれた。シルエットに写されたラヴニカ/Ravnicaの背景が騙し絵のようにキャラクターを描画している。アーティストはAdam Paquette[3]

[編集] 脚注

  1. San Diego Comic Con 2016 Magic Promos(News 2016年7月19日)
  2. The July 10, 2017 Update(Daily Magic Update 2017年6月10日)
  3. Magic: The Gathering's Comic-Con Exclusive Brings Forth Gods, Dragons, and Dragon Gods(ニュースサイト「GIZMODO」 2019年6月26日)

[編集] 参考

MOBILE