巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nissa, Vastwood Seer / 巨森の予見者、ニッサ (2)(緑)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) スカウト(Scout)

巨森の予見者、ニッサが戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから基本森(Forest)カードを1枚探してもよい。そうしたなら、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたが7つ以上の土地をコントロールしている場合、巨森の予見者、ニッサを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

2/2
Nissa, Sage Animist / 精霊信者の賢人、ニッサ
〔緑〕 伝説のプレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地カードであるなら、それを戦場に出す。そうでないなら、それをあなたの手札に加える。
[-2]:緑の4/4の伝説のエレメンタル(Elemental)・クリーチャー・トークンの《目覚めし世界、アシャヤ/Ashaya, the Awoken World》を1体生成する。
[-7]:土地を最大6つまで対象とし、それらをアンタップする。それらはそれぞれ6/6のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。

3

マジック・オリジン両面カードとしてカード化された若き日のニッサ・レヴェイン/Nissa Revane

クリーチャー
3マナ2/2に基本サーチがついてくるエルフスカウト
護民官の道探し/Civic Wayfinderと比べると多色デッキのサポートにこそ使えなくなったが、手札を減らさずに展開できるため悪くない基礎性能と言える。
変身条件は7枚目以降の土地戦場に出すことのみと比較的簡単で、土地サーチの能力とも噛み合って自然に達成できる条件になっている。特に消耗戦の終盤にこれを引いた場合でも、自身の持ってきた土地を戦場に出してすぐに変身できる点が優秀。
プレインズウォーカー
+1能力
ライブラリーの一番上公開して、土地ならば戦場に出し、それ以外ならば手札に加えるとぐろ巻きの巫女/Coiling OracleETB能力と同じ効果
ターン確実にカード・アドバンテージを取れる強力な能力で、覚醒後の中核になる。
-2能力
目覚めし世界、アシャヤ/Ashaya, the Awoken Worldという名前伝説のエレメンタルトークンを戦場に出す。サイズは4/4。
アシャヤは伝説のクリーチャーなので連打して横に並べることこそできないが、攻防に十分なサイズのクリーチャーを手に入れることができる。
-7能力
土地のアンタップクリーチャー化
召喚酔いしていない6/6を6体並べることができ、計36点の打点で即座に勝負を決めてしまえる奥義。ただし回避能力はないため、大量のチャンプブロッカーで凌がれる可能性はある。
またハイリスクだが、対戦相手の土地も対象に取ることができるので、全体除去に巻き込んで6枚の土地破壊を狙うこともできる。

序盤でも戦場に出た時点でアドバンテージを確保することができ、なおかつゲームが進行すれば更なるアドバンテージ確保やフィニッシャー生成をできることから、ミッドレンジ系のデッキに向いている性能。スタンダードでは、アブザン大変異緑白大変異緑赤信心などで採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マジック・オリジンの、神話レア両面カードサイクル第1面伝説のクリーチャー第2面プレインズウォーカーであり、プレインズウォーカー/Planeswalkerたちの、プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る前の姿と、点った後の姿を表している。

[編集] ストーリー

若き日のニッサ・レヴェイン/Nissa Revane。自然魔道士としてゼンディカー/Zendikarと繋がったニッサは、ゼンディカーによって導かれた場所でこの次元/Planeに潜む暗黒と対峙し、プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る。

アシャヤ/Ashayaはニッサに召喚されたエレメンタル。ニッサが一時的に使役する他のエレメンタルと異なり、戦いが終わっても大地に戻ることはなく、明確な自我を有している。

詳細はニッサ・レヴェイン/Nissa Revane (ストーリー)およびアシャヤ/Ashayaを参照。

[編集] 参考

MOBILE