ドビン・バーン/Dovin Baan (ストーリー)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドビン・バーン/Dovin Baanカラデシュ・ブロックのキャラクター。カードとしてはカラデシュドビン・バーン/Dovin Baanが初出。

目次

[編集] 解説

カラデシュ/Kaladesh出身のヴィダルケン/Vedalkenプレインズウォーカー/Planeswalker。男性。青い肌に赤紫色の眼を持ち、痩身で背は高く、真鍮の線条細工に覆われたカラデシュ流の衣服に身を包む(イラスト)。

魔法で強化された先天的才能により、ドビンはあらゆる機構や機械の構造的欠陥をはっきりと目で見ることができる。彼はごく短時間の精査だけで完璧な分析を提供する――例えばある機械の弱点を指摘し、短所を浮き彫りにし、それがいつ、どのように故障するかを驚くべき精度で予測する。

ドビンはその能力から領事府/The Consulateの目に留まり、瞬く間に主席検査官/Senior Inspectorという高い地位にまで昇り詰めた。今や、領事府の新発明品の大部分がドビンの篩にかけられたものである。どのような製品案も、彼の査定に合格しなければ大量生産の許可を与えられない。彼は安全性と品質の基準を定め、その注意深い監視によって消費者の負傷事故を減らし、不良品の回収件数を減らし、領事府の製品に対する人々の総合的満足度を高めている。

完全なものなどなく、完全になれるものも存在しない――それがドビンの哲学である。彼は身の回りの不完全さを実際に目にしながら生きてきたのだ。そして生物の肉体と精神もまた、彼にとっては「機構」である。彼は、生ある者の本質はそう簡単に変えられるものではなく、人はたとえ記憶をすべて失ったとしても同じ過ちを繰り返すだろうという、ともすれば決定論的とさえ言える人間観を抱いている。

[編集] 経歴

[編集] 発明博覧会の準備

その輝かしい実績から、ドビンはギラプール/Ghirapurで開催される発明博覧会/The Inventors' Fairの検査官に選ばれた。彼は来場者の安全のために提出作品を点検し、グレムリン侵入の危険性を大幅に引き下げる計画を策定し、さらには新たに設けられた建築物の構造から、競技コースのカーブ、果ては装飾用リボンの縁の鋭利さに至るまで、あらゆる場所から何百もの危険を取り除いた。

だが開会の数週間前から、改革派/Renegadeと呼ばれる者たちが激しい妨害活動を始めた。ドビンの講じた安全措置によって死傷者こそ出なかったものの、攻撃の源を見つけ出し、排除することはできなかった。カラデシュの領事府だけでは安全を担保できないと判断したドビンは、プレインズウォーカーたちの間で噂される組織、ゲートウォッチ/The Gatewatchに助力を求めることにした――多元宇宙/Multiverseを安全に保つと誓った彼らなら、自分の方針に共鳴してくれると信じて。

[編集] 郷愁/Homesick

博覧会の開会前日、ドビンはカラデシュ領事府の公使として、ラヴニカ/Ravnicaにあるジェイス/Jace聖域を訪ねた。彼はゲートウォッチの5人にカラデシュの政治体制と発明博覧会について説明し――途中、なぜかチャンドラ/Chandraという名の紅蓮術師/Pyromancerが酷く気分を害し、部屋を飛び出していってしまったが――協力を要請した。だがリリアナ/Lilianaは言った、ゲートウォッチは次元/Planeの外から来た存在がその次元の者たちに干渉するのを防ぐために結成された組織であり、次元内での争いに力を貸すことはできないと。ドビンは誤解を詫び、そのままカラデシュに帰ろうとしたが、ギデオン/Gideonはせめて食事だけでも御馳走させてほしいと彼を引き止めた。

ドビンは彼らと食事を共にしながら、目についた聖域の「欠陥」――梁のひびから、正しい位置に戻されていない図書室の本に至るまで――や、ニッサ/Nissa力線と呼ぶマナの流れと、カラデシュの霊気/Aetherの相違点について語らった。だがラヴィニア/Laviniaがどこかへ行ってしまったチャンドラのことを「ナラー/Nalaar」と姓で呼んだとき、ドビンは思わず身を乗り出した。彼は皆に説明した。自分の推測が正しければ、チャンドラ・ナラーはカラデシュの犯罪者ピア・ナラー/Pia Nalaarキラン・ナラー/Kiran Nalaarの実の娘――12年前、危険な紅蓮術の能力を発現して領事府に追われる身となった、名称不明の少女であろうと。

[編集] カラデシュ・ブロック

ゲートウォッチはラヴニカを訪れたが、ドビンの思惑に反して改革派に協力し領事府と敵対することとなる。ドビンはチャンドラに敗れたディレン・バラル/Dhiren Baralをキランの殺人罪で逮捕する一方、テゼレット/Tezzeretの企みを阻止しようとするゲートウォッチ達を妨害するためにギラプールの希望/Hope of Ghirapurを破壊するなど、あくまで領事府の遵法者として行動し、姿を消した。

[編集] ラヴニカの献身

テゼレットの計画の背後に黒幕がいると勘づいていたドビンは、その黒幕、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasと接触する。ボーラスはドビンに忠誠と引き換えに、次元丸ごと1つを最も効率の良い状態へと作り変える機会を与えることを約束する。ドビンはボーラスの申し出を了承し、ラヴニカ/Ravnicaアゾリウス評議会/The Azorius Senateへ潜入し驚くべき早さで組織を掌握した。

[編集] 灯争大戦

ボーラスのラヴニカ侵攻に伴い、古龍の手先であったことが発覚した後は、アゾリウス評議会庁舎に設置された不滅の太陽/The Immortal Sunの防衛に回る。対して、ラヴニカ&反ボーラスのプレインズウォーカー達は不滅の太陽を停止させるためチャンドラ・サヒーリ・ライ/Saheeli Raiラヴィニア/Laviniaを主力とする部隊を派遣、攻防戦が開始される。無数の飛行機械を操り三人を翻弄するドビンであったが、予想外の位置で突如爆発と振動とが発生し、大きく狼狽。さらに存在などするはずもない「もう一人のチャンドラ」が不滅の太陽を設置した台座を破壊したためと知って、自らの失敗に気づく。同時に、それまで戦っていたはずのチャンドラがシェイプシフトを解除、ラザーヴ/Lazavが目の前へと現れる。ドビンが状況を把握するよりも早く投擲された2つの小さな金属製の星は防御呪文を突破して彼の両目に正確に突き刺さった。悲鳴を上げながらも残った飛行機械をチャンドラへと突撃させるドビンであったが、時すでに遅く、不滅の太陽の機能は彼女によって停止され、返す刀の全力での炎術により飛行機械もまた全て灼き尽くされた。完全に打つ手を失ったドビンは敗北を悟って即座にプレインズウォークし、いずこかの次元へ逃亡した。

[編集] War of the Spark: Forsaken

完全に失明しながらもなんとかカラデシュの自宅へと逃げ戻ったドビンは、現領事府との確執もあり、そこもまた長居すべき場所ではないことを理解していた。両目からの出血をバックトラック的に利用し、彼はさらに安全な隠れ家へとプレインズウォークする。けじめをつけるため追手として差し向けられたヴラスカ/Vraskaもまた手がかりを失い途方に暮れていたものの、ふとしたことからドビンの隠れ家が他ならぬラヴニカにある可能性を閃く。ゴルガリ団/The Golgari Swarmの地下情報網を使ってドビンが数か月前に購入していたアパートに突入したヴラスカ。予想通りそこで暮らしていたドビンは命乞いとしてヴラスカにゴルガリ団の内紛を未然に防ぐための策を与え、実際にそれは極めて容易に成功する。

ブレインとしてドビンを生存させておく価値を見出したヴラスカだったが、そのためにはドビンの殺害を断固として要求している新たなギルドパクト/Guildpactの体現者、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetの目を欺く必要があった。チャンドラを証人として利用し、右腕と引き換えに自らの死を偽装することに成功したドビンは、ふと、隠れ家の室温がわずかに上がったのを感じとる。だが、呼吸音も心音も聞こえないことから単なる気象現象と結論づけたドビンは安心しながら義眼の作成作業へと戻った。

それからさして間を置かず、ギルド会議での欺瞞の成功を報告するためドビンの隠れ家へと出向いたヴラスカの眼前には、何者かによって大きく喉を斬り裂かれた、左手首のないドビンの遺体が存在していた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

ラヴニカの献身
ドビンの鋭感/Dovin's Acuity
ラヴニカの献身 プレインズウォーカーデッキ
ドビンの放逐/Dovin's Dismissalドビンの自動機械/Dovin's Automaton
灯争大戦
ドビンの拒否権/Dovin's Veto

[編集] フレイバー・テキストに登場

カラデシュ
断片化/Fragmentize
霊気紛争
機械化製法/Mechanized Production飲み込む炎/Hungry Flames
ラヴニカの献身
大司法官の扉/Justiciar's Portal(「新しいギルドマスター」として)、評議会の急使/Senate Courier、ドビンの鋭感/Dovin's Acuity、スフィンクスの眼識/Sphinx's Insight(「大判事」として)、アゾリウスのロケット/Azorius Locketギルドパクトの秘本/Tome of the Guildpactアゾリウスのギルド門/Azorius Guildgateコレクター番号243)
ラヴニカの献身 プレインズウォーカーデッキ
ドビンの放逐/Dovin's Dismissal
灯争大戦
法ルーンの執行官/Law-Rune Enforcerチャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix轟く角獣/Thundering Ceratok、ドビンの拒否権/Dovin's Veto、精鋭護衛魔道士/Elite Guardmage

[編集] イラストに登場

霊気紛争
飲み込む炎/Hungry Flames
ラヴニカの献身
ドビンの鋭感/Dovin's Acuity、有事の力/Emergency Powers番人/Warden
ラヴニカの献身 プレインズウォーカーデッキ
ドビンの放逐/Dovin's Dismissal
灯争大戦
チャンドラの勝利/Chandra's Triumph、ドビンの拒否権/Dovin's Veto

[編集] 登場デッキ

プレインズウォーカーデッキ

[編集] 登場作品・登場記事

カラデシュ・ブロック
ラヴニカのギルド灯争大戦

[編集] 参考

  1. Odds & Ends: Ravnica Allegiance/こぼれ話:『ラヴニカの献身』Making Magic 2019年1月28日 Mark Rosewater
MOBILE