ドラコリッチ、エボンデス/Ebondeath, Dracolich

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ebondeath, Dracolich / ドラコリッチ、エボンデス (2)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ゾンビ(Zombie) ドラゴン(Dragon)

瞬速
飛行
ドラコリッチ、エボンデスはタップ状態で戦場に出る。
このターン中に《ドラコリッチ、エボンデス/Ebondeath, Dracolich》という名前でないクリーチャーが死亡していたなら、あなたはあなたの墓地にあるドラコリッチ、エボンデスを唱えてもよい。

5/2

瞬速飛行を持つ伝説のドラゴンゾンビ。低めのタフネスタップインのデメリットがあるが、別のクリーチャー死亡したターンに蘇ることができる。

タフネスの低さを自己リアニメイト能力で補っており、パワー5でしつこく圧力をかけていくことができる。死亡するクリーチャーは誰のコントロールするものでもよいが、対戦相手がクリーチャーを使ってくるとは限らないので、こちらもある程度はクリーチャーを一緒に採用しておきたい。幸い、ひきつり目/Eyetwitchよろめく怪異/Shambling Ghast、あるいは蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen蜘蛛トークンなど、コントロールデッキでも採用できるクリーチャーはスタンダードに多い。

タップインのデメリットはあるが、ブロッカーとしてもなかなか馬鹿にできない働きをする。これでブロックすると戦闘は大抵相打ちになるため、マナが残ってさえいればすぐに戦場に戻ることができる。押されている場面では無闇に攻撃に回すのではなく、これで粘り強く耐えながら逆転の機会を待つのも重要な選択肢となる。

リミテッドではボムのひとつ。4マナでパワー5の飛行持ちは早々にゲームを決めてしまうポテンシャルがあり、除去されても戦場に帰ってくるチャンスはいくらでもある。電撃戦にも持久戦にも役立つ強力なカード。

ローテーション時期はずれるが、直後にイニストラード/Innistradを舞台とするセットが2連続で登場。ゾンビが主要部族としてフォーカスされている次元であるため、シナジーのあるカードが大量に増えた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

フォーゴトン・レルム探訪の、神話レア単色伝説のドラゴンサイクル。各に1枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

エボンデス/Ebondeathダンジョンズ&ドラゴンズのキャラクター。ドラコリッチ/Dracolich(ドラゴンリッチ/Lich)。雄(イラスト1イラスト2)。

遥か昔、ブラック・ドラゴン/Black Dragonチャルダンシーラヴィトリオール/Chardansearavitriol――エボンデスの名の方でよく知られている――は死者の沼/The Mere of Dead Menを支配していた。フェイルーン/Faerûnのソード・コースト/Sword Coast地方の二大都市ネヴァーウィンター/Neverwinterとウォーターディープ/Waterdeepの間に位置する沼沢地だ。彼はウスタワー/The Uthtowerと呼ばれる崩れかけた遺跡を棲処とし、近くのソード山脈/The Sword Mountainsのオークを主たる食料としていた。その後エボンデスは姿を消し、彼は死んだのだという噂が流れた。だが実のところ、彼はドラゴン・カルト/The Cult of the Dragonと繋がりを持つミルクル/Myrkul(死の)の司祭の説得に屈したのだ。ドラコリッチ――恐ろしいアンデッドのドラゴン――になるようにと。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

MOBILE