ニッサ・レヴェイン/Nissa Revane

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nissa Revane / ニッサ・レヴェイン (2)(緑)(緑)
伝説のプレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

[+1]:あなたのライブラリーから《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》という名前のカードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
[+1]:あなたは、あなたがコントロールするエルフ(Elf)1つにつき2点のライフを得る。
[-7]:あなたのライブラリーから望む数のエルフ・クリーチャー・カードを探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2

ゼンディカーで新たに登場したプレインズウォーカー忠誠度能力は全てエルフに関連している。

遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errantに続いて、起動コストがプラスの能力を2つ持つ。

1つ目の+1能力
これ専用のカードと言ってもいいニッサに選ばれし者/Nissa's Chosenライブラリーから直接戦場に出す能力。この手の能力では通常クリーチャートークンが生成され、「カード」としての実体をもつクリーチャーを戦場に出すのは珍しい。
同じくクリーチャーを呼び出す同時代の4マナプレインズウォーカーである野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errantと比較すると、ガラクとでは忠誠度を増やしながらクリーチャーを並べられる点、トークンでないためバウンスに強い点などで勝り、エルズペスとでは単純にサイズで勝る。
弱点としては実体のカードを使うため、構築段階でスロットを喰ってしまうところ。ニッサに選ばれし者が手札に来てしまった時のケアも重要である。また撲滅/Eradicateなど根こそぎ追放するカードにも弱い。
  • ニッサに選ばれし者の能力から、4枚制限ルールが気になることはそれほど無いだろう。逆にスロットの節約のため、ニッサに選ばれし者を2~3枚に抑えることも多い。
2つ目の+1能力
ライフ回復コントロールするエルフ1体につき2点のライフを得る
-7能力を活用しようとするエルフデッキであれば、その特性から大量のライフを得ることも可能。
また、コントロールデッキなどで使用する場合、1番目の能力を数回起動できたなら、後はこちらでライフ・アドバンテージを確保しておくことも多いだろう。
-7能力
1つ目の能力の上位版で、ライブラリーから好きなだけエルフ・クリーチャーを戦場に出す豪快な能力。それだけに最短でも5ターン待たなければ使えない大技である。
非常に時間がかかり、何度も起動できるような能力ではないので最後の詰めに使いたいが、続く対戦相手のターンで全体除去を使われてしまっては目も当てられないため、必ず対策を用意してから起動したい。

初期忠誠度が低いため、戦場に出したターンには基本セット2010再録を果たした稲妻/Lightning Bolt焼かれてしまう。火力呪文トランプルを持ったクリーチャーは天敵である。登場時の環境ではそのどちらともが恵まれていることは逆風である。

少なくとも、序盤は1番目の能力でニッサを守り、中盤以降は攻めに転じるといった運用になるだろう。

  • スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」のコラボレーションの一環として、このカードがモンスターとしてゲスト参戦した[1]。特殊技名は踏み荒らしニッサの激励

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゼンディカー・ブロックプレインズウォーカーのメガサイクルブロック全体を通して各に1人ずつ収録された。

その他、黒赤のプレインズウォーカーとして狂乱のサルカン/Sarkhan the Madが存在している。

[編集] ストーリー

詳細はニッサ・レヴェイン/Nissa Revane (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

  1. カーンにチャンドラ、ニコルも登場!? パズル&ドラゴンズ×マジックコラボ、6月25日(月)より始動!(こちらマジック広報室!! 2018年6月25日)
MOBILE
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
MOBILE