共闘

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
共闘/Partner
種別 常在型能力
登場セット 統率者2016
バトルボンド
統率者2020
CR CR:702.123

共闘(きょうとう)/Partnerは、統率者2016で初登場し、バトルボンドで変種が登場したキーワード能力統率者戦用のデッキ構築するときに機能する常在型能力である。[カード名]との共闘は、さらに戦場に出たときの誘発型能力でもある。


Kydele, Chosen of Kruphix / クルフィックスに選ばれし者、キデール (2)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(T):このターンにあなたが引いていたカード1枚につき(◇)を加える。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)

2/3


Khorvath Brightflame / 輝く炎のコルバス (5)(赤)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon)

《輝く槍のシルビア/Sylvia Brightspear》との共闘(このクリーチャーが戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは「自分のライブラリーから《輝く槍のシルビア/Sylvia Brightspear》を自分の手札に加え、その後切り直す。」を選んでもよい。)
飛行、速攻
あなたのチームがコントロールしている騎士(Knight)は飛行と速攻を持つ。

3/4

[編集] 定義

共闘/Partnerは、統率者戦フォーマットのデッキ構築のルールを修整する能力であり、ゲームの開始前に作用する。伝説のクリーチャーカード2枚がそれぞれ共闘を持っているなら、あなたはそれら2枚を統率者として指定してもよい(共闘を持つのが片方だけでは不可)。あなたの統率者の固有色を参照するルールや効果は、あなたの統率者2枚の固有色の組み合わせを参照する。

あなたのデッキには、統率者2枚をあわせてちょうど100枚のカードが含まれなければならない。両統率者は、ゲームの開始時点で統率領域に置かれている。

あなたのデッキの固有色を決定する際を除き、統率者2枚は独立に機能する。共闘を持つ統率者1枚を唱えるときには、あなたの他の統率者が唱えられた回数は無視する。プレイヤー1人が同一の統率者によって21点以上の戦闘ダメージを与えられているかどうかを判定するとき(いわゆる統率者ダメージ)には、あなたの統率者2体のそれぞれからのダメージをそれぞれ個別に扱う。

あなたの統率者が2枚ある間に、何らかの効果があなたの統率者を参照するなら、それはいずれか1枚を参照する。何らかの効果があなたに、あなたの統率者に関して何らかの処理を行うように指示し、それが両方に影響し得るなら、その効果の適用時に、あなたはそれが参照するものを選ぶ。

[編集] カード名との共闘

[カード名]との共闘/Partner with [Cardname]は、共闘の変種能力である。それは2つの能力を表す。

1つは統率者戦フォーマットのデッキ構築のルールを修整する能力であり、ゲームの開始前に作用する。伝説のクリーチャー・カード2枚がそれぞれ互いのカード名との共闘を持っているなら、あなたはそれら2枚を統率者として指定してもよい。ただの共闘を持つカードや、カード名が合致しないカード名との共闘を指定することはできない。その他のルールは共闘と同じである。

もう1つは誘発型能力であり「このパーマネントが戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは『自分のライブラリーから[カード名]という名前のカードを探し、それを公開し、自分の手札に加え、その後自分のライブラリーを切り直す。』を選んでもよい。」を意味する。

[編集] 解説

統率者を2枚指定できるキーワード能力。デッキの固有色は2枚の色の組み合わせで決まるため、これまで統率者がほぼ固定だった3色以上の色の組み合わせ(特に4色の組み合わせ)でも多様な統率者で組むことができる。また、ゲーム開始時の手札を実質1枚水増しできるため、アドバンテージの観点でも優秀。

[編集] 通常の共闘

統率者2016では友好色2色の伝説のクリーチャーが各1種計5枚、対抗色2色の伝説のクリーチャーが各2種計10枚収録されている。

[編集] カード名との共闘

バトルボンドで初登場。[カード名]との共闘は統率者の組み合わせが固定された代わりに、戦場に出たときにもう一方のカードをライブラリーから探してくる効果を持つ。自分以外のプレイヤーも選べるため、双頭巨人戦でのチームメイトとペアを分け合うこともできるようになっている。

バトルボンドでは単色で[カード名]との共闘を持つカードが、対抗色の組み合わせでアンコモンにクリーチャー5組、レアに伝説のクリーチャー5組、神話レアプレインズウォーカー1組が収録されている。統率者2020では、単色と、その色の対抗色2色の組み合わせ、すなわち楔3色になるペアが5組収録されている。

[編集] その他

  • 伝説のクリーチャー・カードではないペアは当然統率者としては指定できない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200703.2

MOBILE