厳粛/Solemnity

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Solemnity / 厳粛 (2)(白)
エンチャント

プレイヤーはカウンターを得られない。
アーティファクト、クリーチャー、エンチャント、土地の上にカウンターを置くことはできない。


プレイヤーカウンターを得られなくなり、プレインズウォーカー以外のパーマネントにカウンターを置くこともできなくなるエンチャント

プレイヤーがカウンターを得られなくなる点は、毒カウンターエネルギー・カウンターを使うデッキに対する分かりやすい対策となる。あるいはファイレクシアの非生/Phyrexian Unlifeのような自分に毒カウンターを与えるカードのデメリットを消すこともできる。

プレインズウォーカー以外のパーマネントにカウンターを置くことができなくなる点は、様々なカードとのコンボシナジーが考えられる。例えば暗黒の深部/Dark Depthsと組み合わせて即座にトークン生成したり、カルシダーム/Calcidermなどの消失を実質的に無効化したり、頑強不死と組み合わせて無限頑強に使用することが考えられる。また、黒緑巻きつき蛇療治の侍臣/Vizier of Remedies献身のドルイド/Devoted Druidを合わせた無限コンボデッキなど、カウンターに依存したデッキへの対策にもなる。

影響範囲が各プレイヤーに及び、また影響を受けるカードの種類も多いため、何も考えずに使うと自分の首を絞めたり相手を助けてしまうこともあり得るので注意。

[編集] ルール

  • 厳粛が戦場に出るときに既に置かれているカウンターはそのまま残り、取り除かれることはない。
  • 「カウンターが置かれた状態で戦場に出る」場合もカウンターが置かれなくなる。
    • そのパーマネントが厳粛と同時に戦場に出る場合はカウンターが置かれた状態で出る。
  • カウンターを置くことがコストである場合、そのコストを支払うことができない。呪文追加コストであれば唱えることができず、能力起動コストであれば起動ができない。
  • カウンターを置く効果を持つ呪文を唱えることそのものは禁止されない。単に解決時にカウンターが置かれないだけである。
  • 置換効果がカウンターを置くイベントを変更したり、イベントをその種の処理に置換したりすることが許されているなら、そのプレイヤーはその置換効果を適用してもよいが、カウンターが置かれることはない。
    • 遅延の盾/Delaying Shieldの場合、ダメージは与えられないが遅延の盾の上にカウンターが置かれることもない。
  • 「Aしてもよい。そうした(そうしなかった)場合、Bする。/may A,if you do(if you don't), B」という処理に注意が必要。Aがカウンターを置くことであった場合、Aすることを選ぶことができない(選択自体ができない)。Bがカウンターを置くことであった場合、ただ実行しないだけである(選択はできる)。
  • 戦場以外の領域にあるカードには通常通りカウンターが置かれる(CR:109.2)。待機で追放領域に置かれているクリーチャー・カードなどがこれにあたる。

[編集] 参考

MOBILE