死者の鏡/Lich's Mirror

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lich's Mirror / 死者の鏡 (5)
アーティファクト

あなたがこのゲームに敗北する場合、代わりにあなたの手札とあなたの墓地とあなたがオーナーであるすべてのパーマネントをあなたのライブラリーに加えて切り直し、その後カードを7枚引き、あなたのライフの総量を20点にする。


あなたゲーム敗北すると再び甦らせてくれるアーティファクト

敗北すると「手札7枚、ライフ総量が20、墓地カードとあなたがオーナーであるパーマネント無し」と、ほとんどゲーム開始時と同じ状況に戻る。しかし、通常は対戦相手になんら影響がないため、こちらが建て直している間に、既に展開されているクリーチャーなどですぐに再び敗北させられてしまう可能性が高い。復活した後に挽回する工夫が欲しい。

バーンデッキならば、デッキの構造上建て直しが早いため、敗北前に減らしておいた対戦相手の残りライフを削り切れる望みはある。天秤/Balance悪疫/Poxなどの軽いリセット系のカードと併用して、展開の差を埋めるという手もある。

ヴィンテージではチャネル/Channelとの組み合わせが非常に強力。復活後もマナ・プールは空にならず、チャネルの効果も継続するため、建て直しがしやすく、回復したライフでさらなるマナを生み出すこともできる。このシナジーを利用したデッキMirroire Magiqueである。

  • チャネル以外でも、ライフの支払いコストとする起動型能力と組み合わせて、自ら敗北するという手もある。例えばヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargainでカードを引く能力を残ったライフの分だけ起動してスタックに乗せてしまい、ライフをすべて支払い切って敗北すれば、復活後にカードを引く事になるので、手札が増えた状態で開始できる。
  • 追放領域には影響しないので、待機との相性は悪くない。入れ替わりでスタンダードを退場するのが残念。

[編集] ルール

  • 投了マジックの黄金律「カードはルールに勝つ」の例外であるため、これをコントロールしている状態で投了すると、置換効果は適用できずそのまま敗北する。
  • 毒カウンターは取り除かれない。10個以上の毒カウンターを得たことによって敗北する場合、死者の鏡により敗北が置換された後、次の状況起因処理のチェック時に再び敗北する。
  • 「あなたがゲームに敗北する」ことを置換するので、対戦相手が機知の戦い/Battle of Witsなどで勝利する場合には何もしない。
  • あなたオーナーであるなら、対戦相手がコントロールしているパーマネントもあなたのライブラリー戻す。逆に、自分がコントロールしている対戦相手がオーナーであるパーマネントは戦場に残る。
    • 対戦相手がオーナーである不死のコイル/Immortal Coilをコントロールしている状態で墓地のカードがなくなると、敗北は置換されて死者の鏡はライブラリーに戻されるが、不死のコイルはコントロールしたままである。すると、誘発条件は満たしたままなので敗北が置換された後に再び能力誘発し、敗北する。
    • 上記の状況で死者の鏡のオーナーも対戦相手である場合、戦場に残ったままになるため、敗北が繰り返し置換され続け、選択肢のない無限ループが発生してしまうため引き分けになる。
  • 1度の状況起因処理で同時に複数の敗北条件を満たして敗北する場合、1つの死者の鏡によりそれらすべての敗北が置換される(CR:704.6)。

[編集] 参考

MOBILE