虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nihil Spellbomb / 虚無の呪文爆弾 (1)
アーティファクト

(T),虚無の呪文爆弾を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地にあるすべてのカードを追放する。
虚無の呪文爆弾が戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、あなたは(黒)を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。


の呪文爆弾は墓地対策。1マナになっておまけが付いたトーモッドの墓所/Tormod's Cryptといった感じ。

黒マナさえあれば手札が減らないため、墓地対策カードの大部分が持つ「カード・アドバンテージをほぼ確実に1枚失う」という欠点がない。タッチ程度でも黒が含まれているデッキなら扱いやすいだろう。スタンダードイニストラード・ブロックと共存していたのもこのカードにとっては追い風で、特に闇の隆盛以降はメインデッキからの投入も散見されるようになった。

エターナルでもしばしばサイドボードに採用される。ただし1~2マナとはいえマナが必要であり、軽さの面でトーモッドの墓所や外科的摘出/Surgical Extractionに劣るのが短所。

Pauperでは大祖始の遺産/Relic of Progenitusボジューカの沼/Bojuka Bogと並ぶ有力な墓地対策カードであり、しばしばサイドボードに採用されている。

  • 2マナで墓地対策+キャントリップという点では大祖始の遺産によく似た性能。比較して、自分も墓地利用する場合には呪文爆弾のほうが若干扱いやすいか。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディンの傷跡呪文爆弾サイクル。自身を生け贄に捧げることで起動する起動型能力を持った1マナアーティファクト戦場から墓地に置かれたときに対応する色マナ支払うことで、カードを1枚引ける

ミラディン呪文爆弾サイクル。各起動型能力ドロー能力を持つほぞ

[編集] 参考

MOBILE