鏡の画廊/Mirror Gallery

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mirror Gallery / 鏡の画廊 (5)
アーティファクト

「レジェンド・ルール」は適用されない。


レジェンド・ルールを無効にするアーティファクト。これが戦場に出ていると、複数の同名の伝説のパーマネントコントロールできるようになる。

伝説であるがゆえに1枚しか出ないことを前提にバランスが調整されているカードは多いため、そのようなものを選んで組み合わせたい。たとえば清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed、各種祭殿魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayalセラの聖域/Serra's Sanctum等の伝説の土地カルドラトークンなどが有望株だろうか。様々なコンボを生み出すことができる面白いカードなのだが、これ自身が重い上に単体では何もしないため、実戦レベルのデッキに採用されたことはない。

  • デザイン時には土地であったらしいが、いくらなんでもぶっ壊れすぎなので調整を繰り返され今の形に。
  • 何らかの効果によって、このカードが(すべて)戦場を離れれば、再びレジェンド・ルールが適用されるようになる。
  • これはあくまで「レジェンド・ルールを無効にする」ようになるだけであって、特殊タイプ伝説の」が失われる訳ではない。
  • 一見不同の力線/Leyline of Singularityと相互作用を起こすように見えるが、全てのパーマネントが伝説になった上でそれの意味がなくなるだけである。
  • 戦場に同種のパーマネントが出ることへの制限としては、他にワールド・ルールも存在するものの、鏡の画廊はそれには影響しない。

[編集] 参考

MOBILE