宝物の魔道士/Treasure Mage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Treasure Mage / 宝物の魔道士 (2)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

宝物の魔道士が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから点数で見たマナ・コストが6以上のアーティファクト・カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。

2/2

激情の共感者/Fierce Empathアーティファクトサーチ版。または粗石の魔道士/Trinket Mageの亜種とも言える。

粗石の魔道士と比較すると、あちらはサーチしてきたカード軽いためにすぐ唱えることができたり、アーティファクト・土地のサーチによる土地事故の回避といった小技が使えたりしたが、こちらはサーチ条件が6マナ以上と重いため即座に唱えることは難しい。しかし、重いアーティファクトは同ブロック内だけでも精神隷属器/Mindslaverワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engineといった強力なフィニッシャー候補が揃っており、構築段階で何枚も引きたくはないこれらのカードの投入枚数を削ることができるのは粗石の魔道士にはないメリットである。

サーチしたカードは手札に加えてから戦場に出るまで時間がかかることが多いので手札破壊の標的になりやすい。カウンター呪文を使うなどして保護できるようにしたい。

スタンダードミラディンの傷跡ブロック構築では青黒テゼレットで採用された。モダンでは青単トロンで採用される。

  • 大建築家/Grand Architectとの相性が良い。このカードを強化しつつ、サーチしたアーティファクトを唱えるためのマナ基盤にもなる。これからも2マナ生み出すことができるため、中盤ならばサーチから即キャスト、ということも可能だろう。

[編集] 参考

MOBILE