惑乱の死霊/Hypnotic Specter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hypnotic Specter / 惑乱の死霊 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — スペクター(Specter)

飛行
惑乱の死霊が対戦相手にダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚無作為に選んで捨てる。

2/2

手札破壊クリーチャーの元祖。対戦相手ダメージ与えるたびに無作為に1枚捨てさせる

で3マナ2/2飛行というのはダブルシンボルなら普通だが、問題はその能力。特に無作為に捨てさせるという点が強力であり、マジック黎明期よりネクロディスクヒッピーゲドン黒き拷問台などの多くのデッキに採用された。飛行を持っていることが対処の困難さに拍車をかけている。その能力ゆえに、からは即剣を鍬に/Swords to Plowsharesが、からは即稲妻/Lightning Boltが飛んできた。

エクステンデッド禁止カード指定を経験している、数少ないクリーチャーの1つ(1997年10月1日より、エクステンデッド落ちする1999年10月1日まで)。禁止を経験しているにもかかわらず、第9版基本セット再録され戻ってきた。その際アンコモンからレアに格上げされ、イラストも一新された。

暗黒の儀式/Dark Ritualが無い環境なら、2ターン目の無作為手札破壊によって土地が捨てさせられることが減るので問題がないとされたのであろう。それくらい土地を落とすのは強かった。暗黒の儀式から1ターン目に出すことは俗にA定食と呼ばれ、定番の展開と認識されていた。

現に基本セット復帰後のスタンダード環境では除去がかなり強力なのも手伝ってか、昔ほどの成績は残せてはいない。しかしそれでも十分強力なのは変わりなく、ヴィリジアン・ラッツ8ヒッピーVipiesなどは一定の戦績を残した。また、エクステンデッドやエターナルでも、ウィニーを主な居場所に活躍している。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

性能的には、全て第一の亜種である深淵の死霊/Abyssal Specterを元に作られていると思ってよいだろう。特筆のない限り、いずれも飛行と「~がいずれかのプレイヤーダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨てる能力を持つ。

[編集] 参考

MOBILE