解放の樹/Tree of Redemption

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tree of Redemption / 解放の樹 (3)(緑)
クリーチャー — 植物(Plant)

防衛
(T):あなたのライフの総量と解放の樹のタフネスを交換する。

0/13

自身のタフネスの値とコントローラーライフ総量という、おかしなものを交換してしまうクリーチャー

とりあえず4マナで13という非常に高いタフネスを活かしてとして役立ち、ライフが減ってきたときには能力によって(これ単体でも)最大12点の回復手段として使える。

タフネス強化と相性がよく、何らかの方法で永続強化ができていればじわじわとライフを回復させていくことも可能(下記ルール参照)だが、カード2枚を使ってまでやるには悠長すぎる感がある。手軽にライフを稼げるコンボ自体は悪くはないので、リミテッドなどでは狙ってみてもいいだろう。

極めて防御特化の1枚で、構築でも緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenithサーチ先として仕込まれる場合が多い。

  • ダメージを負うこととタフネスが減ることは別だということに注意が必要。例えば解放の樹が10点のダメージを受けた場合は、タフネスは13-10=3ではなく、10点のダメージを受けたタフネス13のクリーチャーである。
  • パワーとタフネスを入れ替えるような能力の大多数はターン終了時までだが、この能力は効果の期限がないため、タフネスは戦場を離れるまで永続的に変更されたままとなる。感覚的にはクリンナップ・ステップに13に戻ると勘違いしがちなので注意。
  • ライフが14点以上の時に起動することも考えられる。例えば、冒涜の行動/Blasphemous Actの様な13点以上の大ダメージに耐えねばならないときに有効。生き残って再び能力を起動できれば、減らしたライフもそのまま返してもらえる。
  • 後述する通りタフネス強化と相性がいいが、裏返しでマイナス修整は天敵。直前のミラディンの傷跡ブロック感染-1/-1カウンターが溢れており、逆風といえる。
  • 石の壁/Wall of Stone新星追い/Nova Chaserが持っていた、「印刷されたパワーとタフネスの差」の記録を8点から13点と大きく塗り変えての1位となった。
  • イニストラードの事前情報として与えられていた、「ライフ総量を、今まで交換できたことのないある値と交換するカード」である。
  • イラストの背景に描かれているのは獄庫/Helvault

[編集] ルール

  • 能力の解決時に解放の樹が戦場に存在しない場合、交換は実行されない。
  • 現在のライフ総量と解放の樹のタフネスの値が異なる場合、その差分だけあなたはライフを得る、または失うことになる。
  • 解放の樹のタフネスが変更されることは、種類別第7b種である。
  • 何らかの効果で解放の樹のタフネスの値が変動している場合、変動後の値を参照することに注意。
    • 解放の樹がトロール皮/Trollhide(+2/+2の修整、種類別第7c種)をつけており、あなたのライフ総量が7だとする。解放の樹の能力を起動して解決すると、あなたのライフ総量は15(13+2)となり、解放の樹のタフネスは9(7+2)となる。ここで再び解放の樹の能力を起動して解決すると、あなたのライフ総量は9となり、解放の樹のタフネスは17(15+2)となる。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

MOBILE