X

提供:MTG Wiki

Yから転送)
移動: 案内, 検索

Xは、未定の数値を必要とする場合に用いられる記号である。


Blaze / 猛火 (X)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。猛火はそれにX点のダメージを与える。



Shining Shoal / 輝く群れ (X)(白)(白)
インスタント — 秘儀(Arcane)

あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたの手札にある、点数で見たマナ・コストがXである白のカード1枚を追放することを選んでもよい。
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、あなたが選んだ発生源1つが、あなたかあなたがコントロールするクリーチャーに与えるX点のダメージは、代わりにそれに与えられる。



Spellstutter Sprite / 呪文づまりのスプライト (1)(青)
クリーチャー — フェアリー(Faerie) ウィザード(Wizard)

瞬速
飛行
呪文づまりのスプライトが戦場に出たとき、点数で見たマナ・コストがX以下の呪文1つを対象とし、それを打ち消す。Xはあなたがコントロールするフェアリー(Faerie)の数に等しい。

1/1

マナ・コスト文章欄に、まだ決定されていない数を必要とする部分に「X」の文字を用いているカードがある。Xの値はそのカードの能力によって定義されているか、定義されてない場合そのカードのコントローラーが然るべき時にXの値を選ぶ。

目次

[編集] コストにXが含まれる場合

呪文起動型能力コストマナ・コスト代替コスト追加コスト起動コスト)に「X」が含まれ、それが定義されてない場合、その値はそれを唱える/起動する時に決定する。具体的には、スタックに乗せたあとのモードの選択と同じ時点で決定する。これは対象の決定やコストの支払いより前である。その呪文や能力がスタック上にある限り、Xは決定された値を持つ。呪文の場合、点数で見たマナ・コストにXの値が加味される。

  • {X}の部分は不特定マナ・コストになるが、魂の消耗/Consume Spiritなど、ルール文章により支払うマナが制限される事もある。
  • コストを減少させる効果でXの部分のコストも減少させることができる。正確に言えば、指定したXの値に応じてコストが決定され、コストを減少させる効果はその全体からコストを減少させる。
    • 例えば、ルビーの大メダル/Ruby Medallionを1つコントロールしている時に猛火/BlazeをX=2で唱えると、マナ・コストは(2)()になり、そこから(1)減少して唱えるためのコストは(1)(赤)となる。
    • あくまでも先にXの値を指定することによって、それに応じてコストが定まるということに注意。支払ったマナの量によってXが定まるわけではない。
    • これは魂の消耗/Consume Spiritのように支払うマナに制約があっても同様である。
  • マナ・コスト/起動コストに含まれるXの値を定義している呪文はSpoils of Warなどごく少数に留まる。

[編集] 通常の方法以外でのマナ・コストの「X」の支払い

「X」がその呪文の文章によって定義されていないマナ・コストに「X」を含む呪文を、マナ・コストもXを含む代替コストも支払わずに唱えられる効果によって唱える場合、Xについての適正な選択は0だけである。 効果によってプレイヤーが{X}を含むオブジェクトのマナ・コストを支払う場合、そのオブジェクトがスタック上にある呪文でない限り、Xの値は0として扱われる。呪文である場合、Xの値はその呪文が唱えられた時に選ばれ、あるいは決定された値である。

[編集] 文章中だけでの「X」

Xがマナ・コスト、代替コスト、追加コスト、起動コストではない文中にある場合、ルール文章によって値が定義されている場合にはそれに従う。定義されていなかった場合、その呪文や能力のコントローラーがそのXの値を(スタックに置かれたときか解決されるとき)に選ぶ。その呪文や能力がスタックにある間でも、Xの値が変動する事はありうる。

[編集] その他のルール

通常、1つのオブジェクトに書かれているXは、同じ瞬間には同じ値を取る。

上のルールには例外も存在する。

  • オブジェクトが能力を得た場合、その能力に含まれるXの値はその能力によって定義される。その能力が定義していない場合、0となる。
  • オブジェクトの起動型能力の起動コストに{X}、[-X]、Xが含まれる場合、その能力のXの値はそのオブジェクトや他に起動されたそのオブジェクトの能力で選んだXとは関係しない。

スタック以外の領域にあるカードのマナ・コスト中のXは0として扱われる。

Xと同じルールに従う文字としてYが定義されている。今のところ実際のカードに印刷されたのは、生物の原形質/Bioplasmファイレクシアの摂取者/Phyrexian Ingesterビートダウンギフトボックス火の玉/Fireball、そしてアングルードThe Ultimate Nightmare of Wizards of the Coast Customer Serviceのみである。現在のオラクルでは他に狼の血/Aspect of WolfSnowblindがYを使っている。

  • The Ultimate Nightmare of Wizards of the Coast Customer ServiceではZも使用されている。総合ルールではZについては言及されていないが、銀枠のカードなのでこだわる必要もないだろう。
  • また、銀枠ではXに「」を指定できる。(→Mox Lotus
  • リミテッドに与える影響力が大きいことから、X呪文の大半はアンコモン以上のレアリティに設定されている。
  • 初心者の中にはXをローマ数字の「10」と勘違いする人もたまにいるが、10も含め二桁の不特定マナ・シンボルは一桁のもの同様に通常の算用数字で表記される(カード画像)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.0

http://m.mtgwiki.com/wiki/X」より作成
MOBILE