グレートヘンジ/The Great Henge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

The Great Henge / グレートヘンジ (7)(緑)(緑)
伝説のアーティファクト

この呪文を唱えるためのコストは(X)少なくなる。Xは、あなたがコントロールしているクリーチャーの中のパワーの最大値に等しい。
(T):(緑)(緑)を加える。あなたは2点のライフを得る。
トークンでないクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、それの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。


ギャレンブリグ/Garenbrig伝説のアーティファクト。自軍クリーチャーパワーの最大値分だけコストが減る、マナ加速ドローエンジン。嬉しいライフ回復も持つ。

クリーチャー主体のデッキにおける非常に優秀な展開エンジン。4マナパワー4をコントロールしていれば5ターン目に5マナで、3マナでも捻出できるパワー5なら4ターン目に4マナで唱えられ、それ以上のファッティを持つならむしろ軽いマナ・コストになるためそこまでの出しづらさはない。さらに出た直後に()(緑)が返ってくるので、それを呼び水にどんどんクリーチャーを出してドローを回したいところ。

弱点はアーティファクト対策の他、クリーチャーを意識的に多くデッキに投入しないとならず構築の自由度がやや狭い事。もともとスタンダードでクリーチャー主体の緑デッキはの力を借りれば手札ライフの息切れは対策しやすく、安定性と自由度を犠牲にするこれに頼る必要性が薄いという事情がある。唯一性を考えると緑単色タッチにとどめたデッキのほうが居場所が多い。

リミテッドではエルドレインの王権最強クラスのボム出来事食物による遅めの環境においては出しづらさは特になく、維持できれば試合が決まる。アーティファクト対処法自体は多いエキスパンションだがBO3戦で相手にそれを強要させる威圧度は初手ピック級であることは間違いない。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権伝説のアーティファクトサイクル。各に1枚ずつ存在する有色アーティファクトで、何かの数に応じて唱えるためのコストが少なくなる。稀少度神話レア

ストーリー上は、いずれもエルドレイン/Eldraineの五つの宮廷それぞれにとっての重要なアイテムである。

[編集] ストーリー

グレートヘンジ/The Great Hengeは、ギャレンブリグ/Garenbrigが所有する遺物(イラスト)。美徳の一つ、強さ/Strengthの体現である。

人間の隆盛以前の時代に巨人によって築かれた環状列石で、ギャレンブリグ城/Castle Garenbrigの主要な部分を占める。巨大な日時計であり、特定の日付の特定の時間には、僻境/The Wildsの深奥へと繋がる魔法の門と化す。

[編集] 脚注

  1. Building the Great Henge/グレートヘンジの建造(Card Preview 2019年9月18日 Aaron Forsythe著)

[編集] 参考

MOBILE