有色アーティファクト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

有色アーティファクト/Colored artifactとは、その名の通り有色アーティファクトのことである。


Transguild Courier / ギルド渡りの急使 (4)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

ギルド渡りの急使はすべての色である。

3/3


Onyx Goblet / 縞瑪瑙のゴブレット (2)(黒)
アーティファクト

(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは1点のライフを失う。



Moltensteel Dragon / 溶鉄鋼のドラゴン (4)(赤/Φ)(赤/Φ)
アーティファクト クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

((赤/Φ)は(赤)でも2点のライフでも支払うことができる。)
飛行
(赤/Φ):溶鉄鋼のドラゴンはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

4/4

[編集] 概要

アーティファクトは基本的に無色であるが、まれに色を持ったアーティファクトが存在する。無色のアーティファクトに比べて限られたデッキでしか使えない分、色の役割を反映したメカニズムや、高めのコスト・パフォーマンスを持つことが多い。

現在は落葉樹メカニズムに位置付けられており、頻出こそしないものの、度々新カードが登場している。

  • 印刷様式は、内枠が無色アーティファクトと同じ文章欄などは他の有色カードに準じる。すなわち、1色ならばその色2色ならそれぞれの色を縦に半分ずつ3色以上なら金である。
    • ギルド渡りの急使はこの様式に決定される前のカードであるため、内枠も他の多色に準じて金色で印刷されている(カード画像)。
  • コレクター番号や当Wikiにおけるカード個別評価記事では、他の有色カードと同様に並べられる。無色のアーティファクトが多色カードの後に別枠で並べられるのとは対照的である。
  • 有色アーティファクトが落葉樹に引き上げられたのは、いわゆる「アーティファクト問題[1]」に対する解決策という意味合いが大きい[2]カラデシュ・ブロックのようなアーティファクトを主テーマとしたカード・セットを作ると、どんなデッキにでも入れられる強力な無色のアーティファクトが作られるため、禁止カードなどの問題を引き起こしてしまう。有色アーティファクトを導入することで、この問題を解決しているのである。また、常盤木に引き上げる可能性も示されている。アーティファクト#その他の項も参照。
    • 有色アーティファクトを多用することで、それらとエンチャントとの境界が曖昧になってしまうという問題があったが、マジック全体の利益を優先し、必要なことだと判断された。これらの違いはメカニズム的な違いよりもクリエイティブ的な要素によって判断され決定される[2]

[編集] 歴史

マジック黎明期のアーティファクトは全て無色であったが、戦場のアーティファクトに色を持たせること自体はリミテッド・エディションの昔から色サイクル等で実現できた。

自らの能力で色を得ることができるアーティファクトの元祖はレジェンドAlchor's Tombであり、色を持つアーティファクトというコンセプトに絞ってデザインされたカードはインベイジョン合金のゴーレム/Alloy Golemであった。しかしこれらは戦場に出る際の能力により色を持つため、戦場以外の領域などでは無色である。

最初から色を持っている、正真正銘の有色アーティファクトはディセンションギルド渡りの急使/Transguild Courierが最初で、マナ・コストには色マナシンボルは登場しないが特性定義能力によりを持っている(一時期のオラクルでは色指標に変更されていたが、のちに元に戻された)。その後、未来予知にてマナ・コストに色のついたマナ・シンボルを含むサルコマイトのマイア/Sarcomite Myrが登場。シャドウムーアでは単色混成マナ・シンボルにより色を持つ刈り取りの王/Reaper Kingが登場した。

アラーラの断片ブロックではエスパー/Esperのテーマに選ばれたことにより一気に数を増やした。この時はエーテリウム/Etheriumを移植されたアーティファクト・クリーチャーや、エーテリウムの力を込められた物品というフレーバーを帯びていた。その後しばらくは背景ストーリーにおける設定と合致した場合にまれに取り上げられた――新たなるファイレクシアではファイレクシアの浸食を受けたファイレクシア・マナ・シンボル入りのカードとして、テーロス・ブロックではニクス/Nyxのの力を帯びたアーティファクト・エンチャント神送り/Godsendとして。

その後2016年8月時点で、Mark Rosewaterは有色アーティファクトが落葉樹に据えられていることを明らかにし[3]、直後のカラデシュでは機械巨人サイクルが登場したほか、以降も複数のセットで少数扱われる状態が続いた。その後寄せられたアーティファクト関連セットのフィードバックを受け、フレイバーとは無関係に使える有色アーティファクトの重要性が明らかとなったため(上述の「アーティファクト問題」)、基本セット2020以降は使用頻度が引き上げられることとなった[2]

[編集] 脚注

  1. State of Design 2017/デザイン演説2017Making Magic 2017年8月28日 Mark Rosewater著)
  2. 2.0 2.1 2.2 Core Than Meets the Eye/目に見えるよりもっと『基本』(Making Magic 2019年6月24日 Mark Rosewater著)
  3. Would you consider colored artifacts to be...Blogatog 2016年8月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

MOBILE