根縛りの岩山/Rootbound Crag

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rootbound Crag / 根縛りの岩山
土地

根縛りの岩山は、あなたが山(Mountain)か森(Forest)をコントロールしていないかぎり、タップ状態で戦場に出る。
(T):(赤)か(緑)を加える。


基本セット2010で登場した2色地形、通称チェックランド(M10ランド)の赤緑。特に無条件で赤マナ緑マナを生み出せるが、コントロールしていないとタップインしてしまう。

を含む多色デッキは緑の土地サーチ呪文を中心に編成することが多いので、森がゲーム序盤から戦場に出ることも多い。そのため、必然的にアンタップインしやすくなる。

一方、この色の組み合わせの速攻系ビートダウン(いわゆるステロイド)では、これのタップインが「1ターン目にマナ・クリーチャー展開」という黄金パターンを阻害する可能性もある。構築の段階から十分な注意が必要だろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2010基本土地タイプを参照する2色地形サイクル、通称チェックランド。対応する基本土地タイプを持った土地をコントロールしていないと、タップインになる。いずれも基本セット2011基本セット2012基本セット2013イクサラン再録されている。

インベイジョンタップインデュアルランド上位互換である。また、基本土地タイプを参照するのでデュアルランドショックランドとの相性がいい。

[編集] 参考

MOBILE