陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sunpetal Grove / 陽花弁の木立ち
土地

陽花弁の木立ちは、あなたが森(Forest)か平地(Plains)をコントロールしていないかぎり、タップ状態で戦場に出る。
(T):(緑)か(白)を加える。


基本セット2010で登場した2色地形、通称チェックランド(M10ランド)の緑白。特に無条件で緑マナ白マナを生み出せるが、平地コントロールしていないとタップインしてしまう。

を含む多色デッキは緑の土地サーチ呪文を中心に編成することが多いので、森を序盤からコントロールしていることも多い。そのため、必然的にアンタップインしやすくなる。

1ターン目にアンタップ状態で出せないことから、ビートダウンは速度が落ちる危険性がある。特に白ウィニーをベースとした、土地を切り詰めて序盤に特化したタイプの白緑ビートダウンではこの欠点が顕著になる。一方、緑をベースとし、土地を多めにして大型クリーチャーへと繋ぐことを重視したミッドレンジ型では、序盤のマナ・クリーチャー展開がもたつく可能性があるためもちろん欠点ではあるが、中盤以降の色マナを安定させられる利点も大きい。デッキの性格によって取捨選択していきたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2010基本土地タイプを参照する2色地形サイクル、通称チェックランド。対応する基本土地タイプを持った土地をコントロールしていないと、タップインになる。いずれも基本セット2011基本セット2012基本セット2013イクサラン再録されている。

インベイジョンタップインデュアルランド上位互換である。また、基本土地タイプを参照するのでデュアルランドショックランドとの相性がいい。

[編集] 参考

MOBILE