豊穣の力線/Leyline of Abundance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Leyline of Abundance / 豊穣の力線 (2)(緑)(緑)
エンチャント

豊穣の力線があなたのゲーム開始時の手札にあるなら、あなたはこれが戦場に出ている状態でゲームを開始してもよい。
あなたがマナを引き出す目的でクリーチャーをタップするたび、追加で(緑)を加える。
(6)(緑)(緑):あなたがコントロールしている各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。


マナ・クリーチャーマナ加速をさらに助ける能力と、全体強化能力の2つの能力を持つ力線

マナ・クリーチャーをこのカードのマナ加速を活かして連打すると手札の方が先に枯渇するが、唱える呪文がなくなっても余ったマナを自軍のパンプアップに使うことができる。

登場時のスタンダードではラノワールのエルフ/Llanowar Elves培養ドルイド/Incubation Druidといった優秀なマナ・クリーチャーの他、相互にシナジーを持つ野生造り、ジアン・ヤングー/Jiang Yanggu, Wildcrafterが存在する。それらから大量マナを生み出して大集団の行進/March of the Multitudesなどへと繋げるコンボデッキを組んでみてもいいだろう。

パイオニアではラノワールのエルフとエルフの神秘家/Elvish Mysticという2種の1マナのマナ・クリーチャーが使えるため、緑単信心で採用されている。

リミテッドでは全体強化能力は強いものの、基本セット2020ではまともなマナ・クリーチャーは枝葉族のドルイド/Leafkin Druidぐらいなので強力レアとは言い難い。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020力線サイクルゲーム開始時の手札にあると直接戦場に出せるエンチャント。3枚が再録で2枚が新規カード稀少度レア

[編集] 脚注

  1. November 4, 2019 Pioneer Banned Announcement/2019年11月4日 パイオニア禁止告知

[編集] 参考

MOBILE