Michonne, Ruthless Survivor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Michonne, Ruthless Survivor (3)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

Michonne, Ruthless Survivorが戦場に出たとき、ウォーカー・トークンを2体生成する。
Michonne, Ruthless Survivorに装備品がついている限り、これは可能ならブロックされなければならない。
Michonne, Ruthless Survivorと他のゾンビ(Zombie)2体以上が攻撃するたび、ターン終了時までこれは破壊不能を得る。

3/3

アーティスト:Romana Kendelic


TVドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」の登場人物「ミショーン」を表したコラボレーションカードウォーカー2体を引き連れて登場し、ゾンビ2体以上と共に攻撃すると破壊不能を得る伝説の人間戦士。また、自身に装備品ついている対戦相手ブロック強制できる。

合計5マナ7/7とマナレシオは優秀だが、これがリーガルとなっているエターナル環境では少々不安。強力な全体火力全体除去が多数存在し、個々は3/3や2/2であるため戦場に出る頃にはウォーカーと纏めて一掃されやすい。速攻を付与させるなりで少しでも隙を減らしたいところ。

破壊不能はあくまで攻撃クリーチャー指定後なので戦闘ダメージ死亡しなくなる程度でしかないが、自身のブロック強制により除去格闘噛みつき)のようにも使える。ブロック・クリーチャーの指定権は対戦相手にあるので布告に近いか。あるいは相手のブロッカーが少なければ、囮を引き受けてウォーカーらの他アタッカー通してくれるだろう。全体強化で両者のパワーを上げて有効利用したい。

ただしどちらも自身のみの能力であり、ゾンビにはブロック強制も破壊不能も付与されず使い捨てになりかねない。自身が生成したウォーカー以外にもゾンビの数を確保できるように構築しておくと誘発条件を満たしやすくなる。翌年に登場した、使い捨て前提の腐乱持ちトークンはうってつけだろう。総じて秀逸なトップダウン・デザイン

統率者戦統率者にすると固有色黒緑となるが、単色のゾンビはほぼいない。だけでも相応のゾンビが確保できるほか、黒緑の多色のゾンビはゴルガリ団/The Golgari関連をはじめ有用なものもそれなりにいるため頼れるだろう。接死の付与も得意な色の組み合わせであるため、前述の性能と噛み合っている。

[編集] ストーリー

Michonne(ミショーン)は「ウォーキング・デッド」の登場人物。日本刀を武器として使いこなし、Rick(リック)のグループと合流するまでは単独でサバイバルを行っていた。

  • 作中の初登場時はウォーカー除けとして腕と顎を取り除いた2体のウォーカーを引き連れており、これがETB能力の元ネタと思われる。
  • ドロップに日本刀はないが、別キャラクターの使用武器であるLucilleなら収録されている。

[編集] 参考

MOBILE