強迫/Duress

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(6人の利用者による、間の12版が非表示)
7行: 7行:
 
また「対戦相手の[[手札]]を[[見る|見られる]]」という点も重要。手札の内容から、相手が使っている[[デッキ]]を見抜けるうえ、その先の数ターンぶんの展開も推測できるだろう。この「情報[[アドバンテージ]]」は、特に何人もの初対面の対戦相手と[[ゲーム]]をすることになる[[トーナメント]]では小さくない利点となる。
 
また「対戦相手の[[手札]]を[[見る|見られる]]」という点も重要。手札の内容から、相手が使っている[[デッキ]]を見抜けるうえ、その先の数ターンぶんの展開も推測できるだろう。この「情報[[アドバンテージ]]」は、特に何人もの初対面の対戦相手と[[ゲーム]]をすることになる[[トーナメント]]では小さくない利点となる。
  
[[エターナル]]環境には、1マナの手札破壊には他に[[陰謀団式療法/Cabal Therapy]]や[[思考囲い/Thoughtseize]]、[[コジレックの審問/Inquisition of Kozilek]]があるため、デッキの構成と[[メタゲーム|メタ]]によって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。
+
[[エターナル]]環境には、1マナの手札破壊には他に[[陰謀団式療法/Cabal Therapy]]や[[思考囲い/Thoughtseize]]、[[コジレックの審問/Inquisition of Kozilek]]があるため、デッキの構成と[[メタゲーム|メタ]]によって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。自身の[[ライフ]]を気にする必要のある[[アド・ストーム|ANT]]では、こちらを優先することもある。
  
 
*[[第7版]]で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、[[ローウィン]]で思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
 
*[[第7版]]で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、[[ローウィン]]で思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
15行: 15行:
 
*同じ手札破壊カードに[[脅迫状/Blackmail]]があるが、こちらは「強迫」でなく「脅迫」。意味もそこまで離れてはいないが、「脅迫」はおどすこと、「強迫」は無理強いすることである。混同しないように注意したい。
 
*同じ手札破壊カードに[[脅迫状/Blackmail]]があるが、こちらは「強迫」でなく「脅迫」。意味もそこまで離れてはいないが、「脅迫」はおどすこと、「強迫」は無理強いすることである。混同しないように注意したい。
 
*[[ディヴァインvsデモニック]]に[[Steven Belledin]]による{{Gatherer|id=197004|新規イラスト}}で収録された。このイラストは、基本セット2010~[[基本セット2014]]の再録でも使われている。
 
*[[ディヴァインvsデモニック]]に[[Steven Belledin]]による{{Gatherer|id=197004|新規イラスト}}で収録された。このイラストは、基本セット2010~[[基本セット2014]]の再録でも使われている。
 
+
*[[すべての人類を破壊する。それらは再生できない。]]の3巻初回封入特典として、このカードの[[プレミアム・カード|Foil]]仕様の[[プロモーション・カード]]が封入された。イラストは作品内の年代に合わせてウルザズ・サーガ版のものである。このイラストのFoil仕様のカードは2005年10月度の[[フライデー・ナイト・マジック・プロモーション・カード|FNMプロモ]]以来実に14年ぶり、さらに同仕様の日本語版のものは初である。
 
==関連カード==
 
==関連カード==
1[[マナ]]で特定の条件の[[カード]][[捨てる|捨て]]させる[[呪文]]。
+
=== 主な亜種 ===
 +
 
 +
1[[マナ]]で特定の条件の[[カード]]を1枚選んで[[捨てる|捨て]]させる[[呪文]]。
  
 
*[[村八分/Ostracize]] ([[クリーチャー]])
 
*[[村八分/Ostracize]] ([[クリーチャー]])
25行: 27行:
 
*[[思考囲い/Thoughtseize]] ([[土地]]以外、2点のライフを失う)
 
*[[思考囲い/Thoughtseize]] ([[土地]]以外、2点のライフを失う)
 
*[[コジレックの審問/Inquisition of Kozilek]] ([[点数で見たマナ・コスト]]が3以下)
 
*[[コジレックの審問/Inquisition of Kozilek]] ([[点数で見たマナ・コスト]]が3以下)
*[[蔑み/Despise]] ([[クリーチャー]]か[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]、村八分の上位互換)
+
*[[蔑み/Despise]] ([[クリーチャー]]か[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]、村八分の[[上位互換]])
 
*[[脳食願望/Appetite for Brains]] ([[点数で見たマナ・コスト]]が4以上、追放)
 
*[[脳食願望/Appetite for Brains]] ([[点数で見たマナ・コスト]]が4以上、追放)
 +
*[[過酷な精査/Harsh Scrutiny]] ([[クリーチャー]]、[[占術]]1のついた村八分の上位互換)
 +
*[[抜去/Divest]] ([[クリーチャー]]か[[アーティファクト]]、村八分と砕かれた夢の上位互換)
 +
*[[ドリルビット/Drill Bit]] ([[土地]]以外、[[絢爛]]コストでのみ1マナ)
 +
*[[死霊の金切り声/Specter's Shriek]](土地でない黒のカードを[[追放]]、黒くないものを選んだ場合は自分も手札1枚を追放)
 +
土地以外の好きなカードを選んで捨てさせる事ができる亜種は[[困窮/Distress]]の項を参照。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[手札破壊カード]]
 
*[[手札破壊カード]]
 +
*[[カード個別評価:イクサラン]] - [[コモン]]
 +
*[[カード個別評価:タルキール龍紀伝]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:ウルザズ・サーガ]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:ウルザズ・サーガ]] - [[コモン]]
 +
*[[カード個別評価:基本セット2020]] - [[コモン]]
 +
*[[カード個別評価:基本セット2019]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:基本セット2014]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:基本セット2014]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:基本セット2013]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:基本セット2013]] - [[コモン]]
36行: 47行:
 
*[[カード個別評価:基本セット2010]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:基本セット2010]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:第7版]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:第7版]] - [[コモン]]
 +
*[[カード個別評価:アイコニックマスターズ]] - [[コモン]]
 +
*[[カード個別評価:エターナルマスターズ]] - [[コモン]]

2019年11月29日 (金) 16:02時点における最新版


Duress / 強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。


ウルザズ・サーガに登場した手札破壊カードの代表格。1マナクリーチャーおよび土地以外のカード1枚を選んで捨てさせることができる。

様々な環境において手札破壊の定番として活躍した。黒マナ1つのみで唱えられるため、対戦相手が何かし始める前に1ターン目からいきなり使用できるのが強み。エンチャントアーティファクトといった、にとってパーマネントとなっては対処できないカードをピンポイントで墓地送りにできるのは心強い。また非パーマネントでもカウンター除去火力などを落とせるので、フィニッシャー戦場に出す際やコンボの始動時などの安全確認や、暗黒の儀式/Dark Ritualからのスタートダッシュのサポートなどにも力を発揮する。基本セット2010での再録時にはさらにプレインズウォーカーへの対策にもなるためますます重要度が上がった。

また「対戦相手の手札見られる」という点も重要。手札の内容から、相手が使っているデッキを見抜けるうえ、その先の数ターンぶんの展開も推測できるだろう。この「情報アドバンテージ」は、特に何人もの初対面の対戦相手とゲームをすることになるトーナメントでは小さくない利点となる。

エターナル環境には、1マナの手札破壊には他に陰謀団式療法/Cabal Therapy思考囲い/Thoughtseizeコジレックの審問/Inquisition of Kozilekがあるため、デッキの構成とメタによって使い分けられることとなる。当然、併用される事も多い。自身のライフを気にする必要のあるANTでは、こちらを優先することもある。

  • 第7版で再録された当時は、同様に非常に強力な手札破壊の陰謀団式療法と抜群の相性を誇り、これらを4枚ずつ投入したデッキは「8デュレス」などと呼ばれた。その後、ローウィンで思考囲いが登場し、「12デュレス」が可能となっている(この3種類が併用される事は少ないが)。
  • 緑単色デッキゴブリン相手だと、手札がクリーチャーと土地だけということが多く、効果が薄い。
  • クリーチャーを選べないのは欠点であるが、黒は除去が強いためあまり気にならない。ただし被覆持ちなど、除去に強いクリーチャーが環境に豊富にいる場合は問題になるだろう。
  • 同じ手札破壊カードに脅迫状/Blackmailがあるが、こちらは「強迫」でなく「脅迫」。意味もそこまで離れてはいないが、「脅迫」はおどすこと、「強迫」は無理強いすることである。混同しないように注意したい。
  • ディヴァインvsデモニックSteven Belledinによる新規イラストで収録された。このイラストは、基本セット2010~基本セット2014の再録でも使われている。
  • すべての人類を破壊する。それらは再生できない。の3巻初回封入特典として、このカードのFoil仕様のプロモーション・カードが封入された。イラストは作品内の年代に合わせてウルザズ・サーガ版のものである。このイラストのFoil仕様のカードは2005年10月度のFNMプロモ以来実に14年ぶり、さらに同仕様の日本語版のものは初である。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

1マナで特定の条件のカードを1枚選んで捨てさせる呪文

土地以外の好きなカードを選んで捨てさせる事ができる亜種は困窮/Distressの項を参照。

[編集] 参考

MOBILE