エルドレイン/Eldraine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エルドレイン/Eldraineは、多元宇宙/Multiverseに存在する次元/Planeの一つ。エルドレインの王権の舞台となった。

目次

[編集] 地理

[編集] 王国/The Realm

人間が住まう秩序の領域。五つの宮廷/Courtから成る。

[編集] アーデンベイル/Ardenvale

の宮廷。忠誠/Loyaltyを最も重要な美徳とする。紋章は円環状の炎。

崇王/High King、アルジェナス・ケンリス/Algenus Kenrithは王国全体の統治者であると同時に、アーデンベイルの統治者でもある。その妃たる女王リンデン・ケンリス/Linden Kenrithもまた、アルジェナスとともにアーデンベイルを統治している。

アーデンベイル城/Castle Ardenvaleの中央塔には忠誠の円環/The Circle of Loyaltyがある。騎士になるためには、銀炎でできたこの円環をくぐらなければならない。真の忠誠を持つ者だけが無傷で通り抜けることができる。

詳細はアーデンベイル/Ardenvaleを参照。

[編集] ヴァントレス/Vantress

の宮廷。知識/Knowledgeを最も重要な美徳とする。紋章は鍵穴。人間の大魔道士、ガドウィック/Gadwickが実質的な統治者となっている。

メア湖/Lochmereの中心に建てられたヴァントレス城/Castle Vantressの遥か下方には、魔法の鏡/The Magic Mirrorインドレロン/Indrelonが置かれている。インドレロンから騎士の称号や何らかの知識を得るためには、対価としてその鏡が知らない秘密を教えなければならない。

詳細はヴァントレス/Vantressを参照。

[編集] ロークスワイン/Locthwain

の宮廷。執念/Persistenceを最も重要な美徳とする。紋章はゴブレット。エルフの女王、アヤーラ/Ayaraが統治している。

生者に永遠の若さを与え死者をも蘇らせるという遺物、永遠の大釜/The Cauldron of Eternityを所有していたが、今は失われている。大釜を失って以来、ロークスワイン城/Castle Locthwainは宙に浮いたままとなっている。この遺物を求めて探索に赴き、命を落とす騎士は後を絶たない。

詳細はロークスワイン/Locthwainを参照。

[編集] エンバレス/Embereth

の宮廷。勇気/Courageを最も重要な美徳とする。紋章は菱形と三本の槍。評議会が統治している。

真の名を燃焦苑/The Burning Yardという複合競技場、エンバレス城/Castle Emberethには王国中から闘士が集まる。宮廷の遺物は赤熱する巨石アイレンクラッグ/The Irencragで、エンバレスの宝剣/Embercleaveはそれが名を授けた剣の一つ。

詳細はエンバレス/Emberethを参照。

[編集] ギャレンブリグ/Garenbrig

の宮廷。強さ/Strengthを最も重要な美徳とする。紋章は槌。巨人の王、ヨルヴォ/Yorvoが統治している。

ギャレンブリグ城/Castle Garenbrigの主要な部分を占めるのは、人間の隆盛以前の時代に巨人によって築かれた環状列石、グレートヘンジ/The Great Hengeだ。これは巨大な日時計であり、特定の日付の特定の時間には、僻境の深奥へと繋がる魔法の門と化す。

詳細はギャレンブリグ/Garenbrigを参照。

[編集] 僻境/The Wilds

危険な野生と魔の領域。明確な地理ではなく、王国の法が行き届かない場所が僻境である。人間に害を成すフェアリー/Faerieレッドキャップ/Redcapや荒々しい魔法が溢れている。特にThe heart realm of the Wilds(僻境の中心)と呼ばれる地域は王国から追われたエルフ達が潜み、距離、方角、時間、季節のすべてが歪み、怪物や呪いで溢れる場所である。隣り合う橋を渡っても同じ岸に辿り着くとは限らず、その橋さえ、次の日には消え失せて全く別の場所に現れることもある。

[編集] 歴史

遠い昔、王国を統べていたのはエルフだった。伝わるところによれば、彼らは高慢で尊大、虚栄心が強く残忍で、あらゆる不道徳な魔法を野放図に使用していた。自分の身を守れないほど弱い者は膝をついて庇護を求めるべき、それが彼らの言い分だった。やがて力をつけた人間が、エルフの王位を転覆させ、五つの宮廷を創り上げた。今では多くのエルフが僻境に逃れているが、一部のエルフはロークスワインに留まり、人間と共存している。

二世代の空位期間の後、探索する獣/Questing Beastはアルジェナスとリンデンに探索行を課した。リンデンは途中、何らかの理由でこれを断念したが、アルジェナスは五つの宮廷で騎士の称号を得て崇王/High Kingの座に就いた。崇王の統治の下、王国には平和と秩序が訪れた。

それから十数年後、突如としてアルジェナスは失踪した。双子の王女と王子、ローアン/Rowanウィル/Willは、父王を探す旅に出た。

[編集] 種族

[編集] キャラクター

プレインズウォーカー/Planeswalker
エルドレインの住人

[編集] 登場

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

MOBILE